アメリカ大学陸上留学 長期プログラム

Track & Field Training Long Program

アメリカ大学陸上留学 長期プログラム

君も世界最高峰のアメリカ陸上界に入れる可能性があります。
さらに奨学金を受けられる可能性もあります。
これまで頑張っている人にとって、アメリカ陸上界は以外と近い世界なのです。
陸上を続けながら、英語も身につける。

アメリカ大学陸上留学 長期プログラム

アメリカ大学陸上留学 長期プログラム アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム

私も中高と陸上部でした。大学では続けず自費で語学留学しました。就職してアメリカで勤務していた当時の同僚に大学時代NCAAディビジョン1で全額奨学金をもらった元陸上選手がいました。雲の上のレベルと思っていた米大学で奨学金を受けた彼の高校のタイムは、僕より遅かったことが判明。そして「シンゴのタイムなら奨学金もいけたのに。。。」と言われました。当時は引退して10年近く経っていて、悩んでもしょうがないのにこの言葉が頭から離れず、「高校時にこの選択を知っていたら。。。」と夜も眠れませんでした。何気ない雑談で交わされた会話は僕にとって衝撃的出来事でありこれは現在スポーツ留学事業をやろうと思ったきっかけのひとつでもあります。アメリカはとにかくスポーツが盛んな国なのは間違いありません。一定以上のレベルの選手には返済不要の奨学金等の待遇、特権が与えられ、尊敬の対象となります。もちろん文武両道というルールがありますが、アメリカの大学にはアスリートの学業をしっかり支える仕組みもあります。
そしてお伝えしたいことはここからです。

一生懸命やってきた日本の高校アスリートにはその待遇を享受できるレベルにある選手がたくさんいます。

数字でシンプルに実力が出る陸上選手には特に明白なチャンスが広がっています。『後悔先に立たず』とはまさに言葉の通り。僕のように戻りようもない時期に後悔する陸上選手にならないためにもぜひ一度この機会を検討し、興味あればぜひご相談ください。インターハイ選手は特に必見です!

根本真吾[アスリートブランド代表]800m全日本ジュニア選抜6位/ベスト1分53秒40/1986年度高校ランキング10位

まずは早見表で判断してみてください!

米大学入部・奨学金レベル早見表(某NCAA ディビジョン1 ⼤学陸上部資料より)

男子種目

男子種目 奨学金圏内
100m 10.8
200m 21.75
400m 48.5
800m 1:53
男子種目 奨学金圏内
5000m 15:50
400mH 52.75
三段跳び 14.02
やり投げ 54.9

女子種目

女子種目 奨学金圏内
100m 11.7
200m 24.5
400m 55.5
女子種目 奨学金圏内
800m 2:13
5000m 17:45
走り幅跳び 5m79
注意とお願い

上記は某大学(D1)による奨学金基準目安です。上記に達したから自動的に奨学金が保証されるわけではありません。我々でお手伝いの際にはもちろん全力でサポートいたしますが、最終的には受入先判断・評価によることをあらかじめご承知おき下さい。

アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム

アメリカ大学陸上留学 概要

参加資格
  • 高校陸上競技部経験者、上記早見表記録または相当の実力をお持ちの方
  • 高校卒業の方=専門学校生、大学生などで、大学体育会登録が1年未満の方
  • 長期に渡り留学が可能な方(資金面、健康面等含む)
  • 名より実にこだわり、正式入部を目指し、英語を身につけていこうという積極的な方
内容 アスリートブランド長期プログラムに申し込みの後、留学希望者のプロフィール、希望などお伺いし、調査、選定作業、先方との交渉を開始いたします。

今プログラムを通しての参加者は

  • 世界最⾼峰のアメリカ陸上界、最⾼峰のスポーツ環境で陸上を続けられる
  • 全国レベルの選⼿は奨学⾦の可能性もあり
  • アメリカではスポーツをきっかけに⼈間関係が作りやすい。これまで⾃分が努⼒して、伸ばしてきた陸上という才能を使って、国際⼈になるチャンス
  • 英語を⾝につけることで、将来、就職先の選択の幅を広げることができる
  • 海外経験により⼈間的成⻑のきっかけをつかむ機会
  • トレーニング先進国アメリカの最先端のトレーニングを学ぶ機会
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム
アメリカ大学陸上留学 長期プログラム

アメリカ大学陸上留学 長期プログラムへのご質問・お問い合わせはこちら

日本の陸上界で頑張ってきた選手は陸上留学を通じて世界とつながっていき、成長していくチャンスをすでに持っています!さあ、アメリカへぜひ一歩を踏み出してみてください!

充実のアスリートブランドスポーツ留学プロフェッショナルサポート

スポーツ留学のパイオニア&エキスパート

受⼊先との交渉、各種⼿続き、研修をはじめ、安⼼安全な留学にするために、留学スケジュール・タスクマネジメントやサポートをプロフェッショナルとしてトータルに⾏っていきます。

提携英語塾の渡⽶前サポート体制(別途有料)

TOEFL10 点代→60 点代に︕アスリートの英語⼒を⾶躍的に伸ばした例多数。TOEFL がネックで奨学⾦獲得ができない、⼊部できない、という例多数。せっかくのスカウトを無駄にしない解決法︕⽇本にいながら英語⼒を伸ばし、現地で好スタートを切れる⽅法がここにあります。提携英語塾では栄養学セミナー、元スポーツ留学⽣セミナーなど特別セミナーも開催。英語、マインドセット万全な準備を後押しします︕

NCAA ディビジョン 1 奨学⾦⽣輩出経験

アスリートブランドでは NCAA ディビジョン 1 での奨学⾦獲得選⼿輩出実績がいくつもあります。また陸上競技でもディビジョン 1 ⽣輩出経験あり。

アスリートブランドスポーツ留学プログラムの特徴

スポーツ留学業界のパイオニアとしての実績・経験値・ノウハウ・進学実績

NCAA ディビジョン 1,2 NAIA 全額・⼀部奨学⾦獲得実績。
オレゴン⼤、UC サンタバーバラ、カリフォルニア州⽴⼤ノースリッジ、セントボナベンチャー⼤、セントメリー⼤、テキサス⼯科⼤、ニューヨーク州⽴⼤バッファロー校、ボードウィン⼤、ブリッジポート⼤、カリフォルニア州 LA 校等

プログラム⽣就職・内定実績例

SMBC ⽇興証券、三菱重⼯、NHK、サガワホールディングス、パナソニック、エーザイ、セブンアイホールディングス、デンソー、⻄本貿易、関⻄学院⼤学、⽇本オリンピック委員会、北海道⽇本ハムファイターズ、オリックスバファローズ、中⽇ドラゴンズ、広島東洋カープ、アリゾナダイアモンドバックス、読売ジャイアンツ、横浜 DeNA ベイスターズ、官公庁、起業 (短期⽣含む)

スポーツ留学=今までやってきた、大好きなスポーツを通じて、その経験を活かして、表層でなく、グローバルの中にガッツリ入って、世界を体感する経験を積んでいくこと。

スポーツ留学により、→異国で真剣にスポーツ=グローバル力、語学力に加え、協調性、忍耐力、努力、やりきる力 が備わる人材として高く評価される。

次のステップ

STEP01

DVD 審査(有料)10,000円/1校

[1-1]

アメリカの⼤学にビデオ送付

[1-2]

コーチに⾒てもらう

STEP02

[2-1]

反応があったコーチとやりとりをする

[2-2]

反応があった学校の概要、評価状況、奨学の可能性などをお伝えし、奨学⾦交渉も⾏いながら、最終的に進路先をご決定いただきます。

STEP03

留学先決定の場合は、留学コンサルティングプログラムにお⼊りいただき、出願⼿続き、ビザ⼿続き、滞在先⼿配等の渡⽶サポートを進めていきます。

*STEP2 の期間に成績証明書、英語の点数を求められることがあります。まずはビデオと所定のプロフェール送り、コーチの反応を見てみましょう。

DVD・プロフィール送付先

〒102-0093東京都千代田区平河町1-6-8-2F アスリートブランドジャパン株式会社 宛

アメリカ大学陸上留学 長期プログラムへのご質問・お問い合わせはこちら

日本の陸上界で頑張ってきた選手は陸上留学を通じて世界とつながっていき、成長していくチャンスをすでに持っています!さあ、アメリカへぜひ一歩を踏み出してみてください!

本物の陸上留学

今後自分はこういう世界の場で陸上をしたいという目標を具体化(陸上留学)させることで、目標へ大きく近づける。

圧倒的な陸上留学実績

日本にいてはできない国際スポーツ界でのコネクション、同じ志を持つ者のネットワークを作るチャンスです。

更なるステップへの第一歩

トライアウトを兼ねた練習参加で評価を得れば、秋からの入部決定。奨学金等、更なる上のステップへの第一歩。