アメリカ大学長期テニス留学 | アスリートブランド®
Loading...
レベルの高い日本人選手!
県・地方大会上位レベルであればアメリカの大学で活躍できるチャンス十分!
さらに返済不要の奨学金獲得獲得の十分可能性有!

アメリカ大学長期テニス留学

アスリートブランドスポーツ留学生の進路実績
アスリートブランドの大学進学プログラム

アメリカ大学長期テニス留学

レベルの高い日本人選手!県・地方大会上位レベルであればアメリカの大学で活躍できるチャンス十分!
さらに返済不要の奨学金獲得獲得の十分可能性有!
自主性を重んじ、オンとオフがしっかりあり文武両道も重視されるのがアメリカ。
英語を習得し、グローバル感覚を身に着け、
どんなところでもやっていけるメンタルが養われるところがアメリカテニス留学の大きなメリット。
多くの大学では英語が出来ないと公式戦に出れない、
練習にも出れないという規約があるところをスポーツ留学の実績豊富なアスリートブランドがサポートします。

アメリカ大学長期テニス留学

プログラム概要

日程 毎年3月、3月、8月または9月から長期留学
参加資格
  • テニス経験者。大会経験者には、特別奨学金制度があります。お問い合わせ下さい
  • 長期にわたり留学が可能な方(資金面、健康面等含む) 英語力は不要
  • 自主的、ポジティブで、受入先に貢献しながら、英語を身に付けていこうという積極的な方

*日本の大学の当該の体育会運動部に所属、2年以上の公式戦出場経験がある方は不可

留学先の学校 弊社提携大学

アメリカ大学長期テニス留学

充実のアスリートブランドスポーツ留学
プロフェッショナルサポート

スポーツ留学のパイオニア&エキスパート

受入先との交渉、各種手続き、研修をはじめ、安心安全な留学にするために、留学スケジュール・タスクマネジメントやサポートをプロフェッショナルとしてトータルに行っていきます。

提携英語塾の渡米前サポート体制(別途有料)

TOEFL10点代→60点代に!アスリートの英語力を飛躍的に伸ばした例多数。TOEFLがネックで奨学金獲得ができない、入部できない、という例多数。せっかくのスカウトを無駄にしない解決法!日本にいながら英語力を伸ばし、現地で好スターを切れる方法がここにあります。提携英語塾では栄養学セミナー、元スポーツ留学生セミナーなど特別セミナーも開催。英語、マインドセット万全な準備を後押しします!

NCAAディビジョン1テニス留学経験者のアドバイザー就任

NCAAディビジョン1テニス留学奨学金獲得経験者のアドバイザー渡部健介氏による支援・アドバイス!

米大学テニス留学セレクション

渡部 健介氏(アスリートブランドテニス留学アドバイザー)

小5でテニスを始め、ジュニアの全国大会出場、高校卒業後はアメリカへ留学。University of Nevada,Reno(ネバダ州立大学)にて心理学専攻。大学のテニスチームに所属、NCAA Division1(全米1部リーグ)にて4年間プレー。4年時にはキャプテンを務め、文武両道を重んじた学生生活を送る。大学卒業後はプロトーナメントに参戦するも、早々と選手活動に見切りをつけ、2007年よりテニスコーチとしてのキャリアをスタート。シンガポールのアカデミーで5年間選手育成と強化を中心に国籍問わず3歳から80歳までのテニスプレーヤーの指導に幅広く関わる。約15年間の海外生活から得た経験を活かし、福田創楽選手(現在プロ)のコーチとして世界各地の国際大会遠征に帯同。同時期に修造チャレンジのサポートコーチも兼任。JOC(日本オリンピック協会)事業の一環で 男子ジュニアナショナルチーム遠征にも帯同。その後、伊達公子選手のヒッティングパートナー兼コーチとして遠征に帯同。現在はスポーツを通じてあらゆる角度から世界を舞台にした人材育成、強化、マネジメントの三本柱を構築中。またスポーツを通じて世界との競争経験から、世界に挑戦するだけではなく世界との競争を対等に渡り歩く真のリーダーシップ人材育成に取り組んでいる。

1スポーツ留学生に特化したサポート

まだスポーツ留学という言葉がほとんどなかった時代の2003年に前身のスポーツ留学会社を創業し、翌2004年アスリートブランドとしてスポーツ留学事業を手掛けてきた当社では上記の一般的な留学に関するサポートはもちろん、スポーツ留学会社のパイオニアとして、これまでNCAAディビジョン1全額奨学金選手、NCAAディビジョン2全額奨学金選手、NAIA全額奨学金選手、プロ選手、独立リーグ選手等、多数のスポーツ留学生を送り込んできた経験とノウハウをもとに、スポーツ留学に特化したサポートを提供しております。

2英語学習アドバイス・説明会

留学決定から渡米までの間をいかに過ごすかは、特に日本にいる間にできるだけの英語学習をやっておくことが、その後の留学生活にとても重要になってきます。ただし残念ながら、留学準備に対応していない一般的な英会話学校での学習はスポーツ留学にとってはあまり効果的ではありません。アメリカの大学進学に備えての具体的な対策がなされるカリキュラムであればいいのですが、そうでない場合、ただやった気になってしまうケースが大半だからです。アスリートブランドでは希望により渡米までの英語学習アドバイスの説明会を提携英語塾さんとともに行ってより有意義な留学とする準備を渡米前からサポートします。*

*渡米までの間の英語学習に関する説明会は無料です。説明会後の英語塾での本格受講は英語塾さんへの費用が発生となります。

3渡米前オリエンテーション

アスリートブランドではより充実した留学生活を行っていただくため渡米前オリエンテーションを行っています。留学での心構えや注意すべき点などから、携帯、支払い方法、受入校の渡米直後の流れ等、より具体的なことを説明します。生徒さんにとっても渡米前に聞いておきたいことを確認するチャンスです。場合により、ゲストスピーカーをお招きすることもあります。

4渡米後サポート(現地サポート)

アスリートブランドでは渡米後も日本及び米国スタッフによるサポートが受けられます。米国スタッフには野球、サッカー、ソフトボールと競技経験者が揃っています。また、サンフランシスコ近郊(南へ約1時間ほど)にはアスリートブランドシリコンバレーオフィスにもスタッフが常駐しています。なお、別途有料となりますが、希望者は留学先に入る直前や学期と学期の間の空いた期間にシリコンバレーオフィスで研修をすることも可能です。

5キャリアサポート

グローバル経験を持つ留学経験者は近年、就職活動でも各企業からの需要が高まっています。スポーツ留学生はその中でもさらにユニークな存在であり、挫折と努力がつきもののスポーツを海外でやってきたということは非常に高い評価を得る傾向にあり、グローバルな企業や企業の海外部門に就職するアスリートブランド生が増えています。アスリートブランドでさらに人材紹介会社と提携し、生徒さんの就職活動をサポートしています。

留学生の進路実績 進学先大学例

アメリカ大学長期テニス留学

今プログラムを通しての参加者は

  • DVD審査でアメリカの大学受け入先を調査
  • 審査で評価を得れば入部決定。更なる上のステップへの第一を踏みだすチャンス
  • 日本にいてはできない国際スポーツ界でのコネクション、同じ志を持つ者のネットワークを作るチャンス
  • 日本ではまだまだ少ない、英語の出来るテニス関係者への道、アメリカテニス界専門家への道も開ける
  • 好きなテニスを通して、アメリカ人やグローバルな交流ができる
  • 英語力がなくても渡米後、1年目で部活動ができる受け入れ先を選定(多くの大学で英語ができないと部活動ができない制度が通常です。スポーツ留学の豊富な実績と専門的な知識により、英語を勉強しながらテニスもできる仕組みの大学を選定します)

異国で真剣にスポーツ=グローバル力、語学力に加え、協調性、忍耐力、努力、やりきる力が備わる人材として高く評価される

アメリカ大学長期テニス留学

テニス留学経験者 沙希さんの声

アメリカに行ってテニスをやったおかげで、英語もうまくなり、奨学金ももらえ、いろいろな経験ができました。日本の部活で頑張っている選手は十分通用すると思います。ぜひチャレンジしてみてください!

アメリカ大学長期テニス留学

アスリートブランドスポーツ留学プログラムの特徴

アメリカ大学長期テニス留学

スポーツ留学業界のパイオニアとしての実績・経験値・ノウハウ・進学実績

NCAAディビジョン1,2 NAIA全額・一部奨学金獲得実績。
オレゴン大、UCサンタバーバラ、カリフォルニア州立大ノースリッジ、セントボナベンチャー大、セントメリー大、テキサス工科大、ニューヨーク州立大バッファロー校、ボードウィン大、ブリッジポート大、カリフォルニア州LA校等

進学先大学例
アメリカ大学長期テニス留学

プログラム生就職・内定実績例

SMBC日興証券、三菱重工、NHK、サガワホールディングス、パナソニック、エーザイ、セブンアイホールディングス、デンソー、西本貿易、関西学院大学、日本オリンピック委員会、北海道日本ハムファイターズ、オリックスバファローズ、中日ドラゴンズ、広島東洋カープ、アリゾナダイアモンドバックス、読売ジャイアンツ、横浜DeNAベイスターズ、官公庁、起業(短期プログラム生含む)

留学生の進路実績

アメリカ大学長期テニス留学

次のステップは

STEP
1

相談会

アスリートブランド社にて直接面談または電話にて相談頂く。
ご都合がつかない場合は、STEP2~の間に行っていただくのでも構いません。場所はアスリートブランド東京本社にご足労お願い申し上げます。

STEP
2

プレイヤーズプロファイル作成
(BY 選手)

プレイヤーズプロファイル(日本語)に記入して頂きます。アメリカでは自分の強み(ストロングポイント)をどんどんアピールしてきます。日本人は謙遜しがちですが、アメリカサッカー留学でプレイを目指すのであれば、負けずに強みをアピールしていくことが大事です。「大会での活躍の実績・スタッツ」「自分の強み」「運動能力(スピード、持久力,etc)」等どんどんアピールしてください。

STEP
3

DVDを準備
(BY 選手)

DVDを準備して頂きます。試合のDVDが望ましいです。
背番号、ユニフォームの色も忘れずにDVD上に明記お願いします。通常のDVDでお願いします。ブルーレイはご遠慮ください。ご不明点は遠慮なくお問い合わせください。

STEP
4

ファイルとDVDを
アスリートブランドに送付
(BY 選手)

プレイヤーズプロファイルとDVDを送付して頂きます。
東京都千代田区麹町2-3-19-2F
「アスリートブランドサッカー留学係」
まで送付お願い致します。

STEP
5

アスリートブランドが
英文プロファイル作成。
動画とともに受入先へ

到着次第、中身を確認し、アスリートブランドがプロファイルの英文作成。作成後、動画とともに受入先候補へ送付します。

STEP
6

受入先からOKの連絡

受入先からOKの連絡=合格後、受入先がどんなところかを記す学校概要をアスリートブランドから志望者へ送付します。受入先校について質問があれば遠慮なくお知らせください。スタッフが対応致します。
OKが来なければ、STEP4へ。

STEP
7

申込書の送付

合格先で留学決定であれば、アスリートブランド長期留学プログラム申込書を送付して頂きます。

STEP
8

申込完了

プログラム費用を送金して頂き、申込完了となります。以降、STEP9~15への手続きのサポートをしていきます。

STEP
9

入学願書書類送付

申込書受け取り次第、願書手続きを手配し、受入校へ入学願書書類送付します。提携校ではテストはありません。書類審査のみとなります。主な提出書類は英文残高証明書、英文成績証明書などがありますが、提出書類は学校により多少の差異があります。どのような書類を提出したらいいか、どのように記入した らいいか等願書手続きのサポートをしていきます。

STEP
10

受入先で書類審査

受入先で書類審査をします。弊社提携校の場合、不登校等で極めて長期間不在していて成績が出ない、成績がオール1(一番下の評価)等のことがなければ、書類審査では合格となる可能性は極めて高いといえます。*

*合格を100%保証するものではありませんが、過去アスリートブランド大学留学で不合格になった方はおりません。一方、不登校等で極めて長期間不在していて成績が出ない、成績がオール1(一番下の評価)の場合、合格が出ない可能性が十分あります。一度ご相談ください。

STEP
11

合格

書類審査通過後、受入校からI-20と呼ばれる書類が送られてきます。このI-20が実質的な合格書の役割となります。

STEP
12

ビザ申請用書類手配

学生ビザ申請書類の準備を進めていきます。主な提出書類は英文残高証明書、英文成績証明書などがありますが、「STEP9」での提出書類は異なります。またビザ申請用のフォームがあります。こちらでもどのような書類を提出したらいいか、どのように記入した らいいか等のサポートをしていきます。

STEP
13

各種手続き手配

ビザ申請手続きと並行してハウジング(寮またはホームステイ)、学校により健康関連書類の準備を進めていきます。

STEP
14

アメリカ大使館でビザ面接

アメリカ大使館でビザ面接。東京または大阪(または場所により最寄りの領事館)でビザ面接を受けます。面接には事前に予約が必要です。学生ビザの面接は英語の試験ではありません。働く意思がないかどうか、移住する意思がないかどうか、テロ組織にかかわりがないかどうかなどについてのチェックがされます。(直接的な質問をされるわけではありません)つまり学生ビザを取ってアメリカの学校にきちんと通う本プログラム生は、まったく心配する必要はありません。堂々とそしてスマイルで面接に臨んでいただければ大丈夫です。(アスリートブランドの生徒で学生ビザ申請で不合格になった方は過去いません)*

*ただし、ビザ承認がおりることを保証するものではありません。予めご承知おき下さい。

STEP
15

ビザ承認・渡米日の最終確定・フライト手配・送迎手配

ビザが承認されたら渡米日、フライト等の最終確定をしていきます。また現地空港からの送迎の確定をしていきます。

STEP
16

渡米

渡米後もサポートしていきます!

  • 本物のテニス留学
    今後自分はこういう世界の場でテニスをしたいと目標を具体化させることで、目標へ近づける。
  • 圧倒的な留学実績
    日本にいてはできない国際スポーツ界でのコネクション、同じ志を持つ者のネットワークを作るチャンスです。
  • 更なるステップへの第一歩
    トライアウトを兼ねた練習参加で評価を得れば、秋からの入部決定。奨学金等、更なる上のステップへの第一歩。
Athlete-Brand

アスリートブランド®ジャパン株式会社

〒102-0074東京都千代田区九段南1-6-5 九段会館テラス 1F
03-3230-0036
info@athlete-brand.com

IMGアカデミー日本取次代理店(正規代理店)

野球・テニス・ゴルフ・スポーツマネジメント・トレーナー・バスケ・サッカー・ソフトボール等のスポーツ留学に特化したプログラムを提供。お手伝いした選手からプロ野球ドラフト指名選手3名をはじめ、プロスポーツ選手、プロトレーナー、スポーツ球団職員、スポーツ協会職員等輩出。スラムダンク奨学金留学担当。