スポーツ留学、スポーツトレーナー留学などアメリカ・海外で活躍したいひとのためのサイト

「野球留学は企業の求めるものにドンピシャで適合している」

野球留学から商社マンへ 山田貴弘君インタビュー

今のお仕事はどんなことをされているか

現在はアメリカにある日系貿易商社の中で仕入(輸入)を行いつつ、北米にて営業・販売をおこなっております。

今の会社に就職にきめた経緯。

山田貴弘君インタビューズバリ厳しい(良い)環境、場所を求めた結果です。
それは克己心の高まりを保持し、次なるステージ(社会人)ではより高い所、目標とすべきところまで行きたいと考えたためです。僕は野球を強豪校でやったことがありません。アメリカ留学で初めてそこでプレイをし、環境が人に及ぼす影響をひしひしと感じました。それはチームとしても個人としてもです。
その理由から、

内定を頂いた会社の中で最も過酷そうな場所を選びました。

就職活動で、野球留学の話が受けたと聞きましたが、具体的に。

就職活動において、現在求めている人物像にチャレンジ精神と適応能力、主体性が重視されている企業が非常に多いです。
それに対し就活生がすべきことは企業の求めている所に焦点を当て印象と説得力を持って臨む事が必要とされます。

正直、野球留学はそれにドンピシャで適合していると思います。

具体的には、

  • 野球留学自体めずらしく、反応がよかった。印象に残せた。
  • 実践的な語学力を評価して頂けた。
  • 面接官が興味を持ってくれる確率が非常に高く、落とし込む質問を頂き、そこで留学時で起きた事象が非常にうけた。
    (例:寮で同室になったボブサップ級の黒人さんとワンピースの話で盛り上がったこと等々)
  • そもそも一つのことに執着し徹底する行動自体に興味をもって頂けた。
  • 他の就活生と比較したときに経験の差別化を与えられた。

アメリカ野球時代のこと、楽しかったこと。つらかったこと

楽しかったことは一つは異国の文化を知れたこと。それは語学留学や就職とはまた違った、

リアルなアメリカを肌で感じる事ができたこと。(日本人コミュニティのない生活)

そして野球面では上達している感覚が短期間で味わえたこと。
つらかったことは、個人的なことになりますが怪我をしてしまったこと、それによって起こった負のスパイラルです。

そもそもなぜアメリカで野球をしようと思ったのか

理由は3つあります。

 1.単純にアメリカへの憧れ。それは野球の聖地として。

2.英語を普通に学ぶことが苦手であったため。英語の必要性は感じていましたが勉強といった形式を拒みたかった。結果、成功だったと思っております。

3.後悔を残さないため。就職する前に可能性のあることすべてにチャレンジしたかった。

留学がもたらしたもの

山田貴弘君インタビューこれは、本当にはかり知れません。
留学チャンスを頂ける大学3年まではアメリカで野球をすること、ましてや就労ビザをもらい働けるなど考えてもみませんでした。これを機に人生が変わったと言っても言い過ぎではないと思っております。
野球留学では野球然り、生き方然り、どうやってアプローチをすれば今のベストが出せるかをなんとなく掴むことが出来たような気がしました。

留学を機に人生の方向性が変わり、支えて頂いた方々には本当に感謝しています。

野球留学を目指す球児へ

山田貴弘君インタビュー やる気のある球児の方もちろんですが、僕はやる前から諦めてしまう人たちにとにかくチャレンジをしてほしいです。
この人はうまいから、あの人はちょっと違うからなどまったく関係ないと思います。僕は高校で野球を始め、大学は弱小軟式野球でした。上手いとはお世辞にも言えませんでした。そんな体裁は気にせず行きたいから行く!だけでした。当然行くと決めてからはまったく遊びもせず、24時間野球のことしか考えませんでしたが。
そこで培った、野球をどうしたらうまくなるのか、どうやったら勝てるのかと考える事は社会人になってもビジネスでも非常に役に立っています。

正直、僕個人の意見ですが語学留学より断然お勧めです。

何事も目の前のことに全力に、今なにが最善ことかを考える事は必ず後に生きてくると思いますので今を全力で頑張って下さい。

就職に役立つ野球留学!

まずはここから ↓

米野球留学:大学野球部挑戦トライアウト

アメリカ野球留学7つのメリット

2ヶ月留学もあり!山田さんはこちらも参加 ↓

2011年5月末、大学生、社会人(23歳ぐらいまで)
米大学野球部サマーリーグ

▲ページトップへ