スポーツ留学、スポーツトレーナー留学などアメリカ・海外で活躍したいひとのためのサイト

Baseball Program

高校野球留学プログラム

文武両道を推進するアメリカの高校で、
スポーツをしながら、英語力、大学進学に必要な学力を身につける。

高校野球留学プログラム

高校野球留学プログラム

世界各国から集まる同世代の選手たちと同じ屋根の下で寝食を共にし、スポーツを通じ、交流し、国や言葉を超えたチームメイトを持つという、普段の日本での生活、そしてこれからの生涯を通してもなかなか得られることのできない経験が得られる。

高校野球留学プログラム

文武両道

アメリカの大学・高校の特徴は何と言っても文武両道。アメリカの大学に進むうえでも学業はおろそかにできません。より具体的には将来NCAAでのプレイ資格を得るためにはGPAという普段の評定値とSATという共通テストで一定のレベルに達していないといけません。学業としても名門大学合格生を輩出する受入校では、アスリートの学力向上の仕組みも整っています。

高校野球留学プログラム

全寮制

本プログラム受入校は、アメリカ東部郊外に位置する全寮制の中高一貫校です。いわゆるボーディングスクールという全寮制の学校でキャンパス内ですべてが完結し、安心安全な環境面。規律のある行き届いた教育にアメリカを始め世界から生徒が集まってきます。全寮制といっても日本のような上下関係のしきたりは一切なし。アスリート、アスリート以外の様々な国々の様々な生徒との交流も本受入校の特徴です。

高校野球留学プログラム

NCAA D1 選手輩出

NCAA D1校への選手輩出実績が有。NCAAでのプレイ資格得には高校在学時点から各種の準備が必要です。留学生アスリートの米大学進学支援実績も豊富な本受入校、アスリートブランドがタッグでサポートしていきます。

高校野球留学プログラム

オフシーズントレーニング

アメリカの高校はシーズンのため、オフシーズンにトレーニングを一切行わない仕組みの学校がほとんどです。そのため、通常の多くの高校では実質部活ができるのはオンシーズンの1学期だけ。以前他の高校で野球留学生を送った際、オンシーズンだけしか野球が行われず、オフシーズンはホームステイ先の息子さんのやっているバスケに連れていかれ、1年ずっと野球留学がやりたいと問題になったことがありました。実はそれ=ひとつのスポーツが1学期だけしかできないというのは、アメリカでは通常なことで、むしろ1年を通して一つのスポーツをやるというのは珍しく、環境面で1年を通してスポーツをやる環境を見つけるのは非常に難しいものだと実感しました。本受入校ではオフシーズンは近隣クラブチームとの連携を取りながら、オフシーズンもトレーニング、紅白戦等行う機会を提供します。これは非常に稀な環境であります。

高校野球留学プログラム

高校野球留学プログラムを通して参加者は

  • 文武両道を推進するアメリカの高校で、スポーツをしながら、英語力、大学進学に必要な学力を身につける。
  • 日本がグローバル人材を求める中、まさにスポーツを通じてグローバル教育が受けられる機会。
  • アメリカの他校選手との試合や米連盟公式大会参加など、短期では参加できない、本格的試合に参加できる。
  • 英語力を身につけ、大会での露出により、アメリカの大学への進学の道も開ける。
  • 世界各国から集まる同世代の選手たちと同じ屋根の下で寝食を共にし、スポーツを通じ、交流し、国や言葉を超えたチームメイトを持つという、普段の日本での生活、そしてこれからの生涯を通してもなかなか得られることのできない経験が得られる。

主な進学先大学

Sacred Heart University, Quinnipiac University, George Washington University, American University, Rider University, Boston College, Villanova University, Tulsa University, Pepperdine University, Boston University, Saint Bonaventure University, Ball State University, Fordham University, The University of Tulsa, University of Connecticut

高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム

高校野球留学プログラム/概要

受入先 IMGアカデミーからはスポーツ強豪大学はもちろん、ハーバード、イエール、コロンビア、スタンフォード大などの名門校へも生徒を輩出しています。
場所 アメリカ東部
滞在先 キャンパス内学生寮
対象 在籍の中学、高校で一定以上の成績を有する方。
現在の成績によっては受入校から入学許可を得られないことがあります。
一定以上の英語力は求められませんが、大学進学を見据え、渡米前に一定以上の英語力を求められる可能性があります。
詳しくはお問い合わせください。
期間 【通年・第一学期】8月末から
【第二学期】1月中旬から
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム

高校野球留学プログラム/寮の部屋

  • 最大4人一部屋の共同部屋。
  • カフェテリア。食事は食べ放題のビュッフェ形式。ジュース、牛乳、水、など飲み物も飲み放題。

高校野球留学プログラム/学校スケジュール開始時期

アメリカの学校の年度は秋が新学期となります。受入校は2学期制で、前期は8月末~1月中旬。後期は1月中旬~5月末、つまり、1年度にあたる、1アカデミックイヤーは8月末に始まり、翌年の5月末に終了となります。
1アカデミックイヤー 8月下旬~5月下旬又は6月上旬
第1学期 8月下旬~1月中旬
第2学期 1月中旬~5月下旬又は6月上旬
学校スケジュール

※6〜8月は夏休みとなり退寮となります。場合によりサマーリーグに参加することがあります。
※1月中旬から第二学期(=1月)に参加することは可能です。

高校野球留学プログラム

高校野球留学プログラム/1日の流れの例

※受入先により多少変更有。

7:20 - 7:55 朝食
8:05 - 8:20 ルームチェック
8:55 - 10:15 授業
(1クラス平均8名程度の少人数制。学びのプロセス=どのように学ぶかを学ぶ授業、ノートの取り方、実験、実践的な活動、プレゼンテーション、座学などのカリキュラム)
12:25 - 13:15 昼食
14:00 - 14:30 特別指導タイム
(月曜から木曜日は、授業が分からなかったり、もっと理解したいという生徒のために個別指導の時間が設けられています。生徒たちは自由に質問や指導を受けに行くことが来ます)
14:30 - 15:00 自由時間
(フリータイム、自習、運動、自主練等)
15:00 - 17:00 部活
(自由時間から開始する日もあります)
16:15 - 18:15 夕食
18:00 - 19:00 自由時間
(フリータイム、自習、 運動、自主練等)
19:30 - 21:30 スタディホール
(日曜日から木曜日の子の時間は、すべての生徒が寮に戻って静かに勉強をしなければいけません。)
21:00 - 22:15 クワイエットタイム
(クワイエットタイムは寮にいて過ごす時間です。TVを見たり、シャワーを浴びたり等、リラックスする時間です)
22:00/22:15 - 22:30(23:00) 消灯
(日曜~木曜は低学年の生徒は夜10時。高学年の生徒は10時半には完全消灯となります。金曜日、土曜日は11時となります)
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム
高校野球留学プログラム