スポーツ留学、スポーツトレーナー留学などアメリカ・海外で活躍したいひとのためのサイト

the Dominican Republic

ドミニカ野球留学(短期野球留学)

野球導者志望者・トレーナー志望者、これからの日本の野球界を背負って立つ方々向け:
ドミニカでこれまでに全く体験してない野球を体感し、野球・野球教育というものを再定義し、
個人としてどこでも生きていける力を身につける新し野球人養成プログラム

ドミニカ野球留学(短期野球留学)

野球導者志望者・トレーナー志望者、これからの日本の野球界を背負って立つ方々向け:
ドミニカでこれまでに全く体験してない野球を体感し、野球・野球教育というものを再定義し、個人としてどこでも生きていける力を身につける新し野球人養成プログラム。

ドミニカ野球留学(短期野球留学)概要

概要

期間 1週間: 2019年3月12日~19日
宿泊 【A】ホテル【B】ホームステイ
対象 16歳以上の高校生・大学生・社会人
定員 最少催行人数2名
*最少催行人数に満たない場合は中止とさせていただきます。あらかじめご承知おきください。
場所 首都サントドミンゴ・ドミニカ共和国

費用(税込・航空券代別)

1週間 【A】ホテル 549,000
【B】ホームステイ 445,000
スペイン語学習プランあり *別途有料となります。
費用に含まれるもの 宿泊代(寮費用 2人部屋)、1週目の食事代、空港送迎代、現地連絡・交渉・申請手続代行費用、日本人コーディネーター費用、現地移動手段費・手配料等
費用に含まれないもの  現地までの往復航空運賃、電話代・お土産代等個人的な支出、保険代、日本国内交通費等、キャンプ以外の期間(移動日)の食事代
ドミニカ野球留学(短期野球留学)
ドミニカ野球留学(短期野球留学)

スケジュール例 ※現地状況により変更の可能性があります。

3/11 日本出発~ニューヨーク経由―サントドミンゴ着
日本人コーディネーターと合流
空港から日本人コーディネーターとともに宿泊場所へ
ホームステイまたはホテル
3/12~3/17 日本人コーディネーター手配によるアカデミーでのトレーニング ホームステイまたはホテル
3/18 サントドミンゴ空港―ニューヨーク -
3/19 ロスアンゼルス―東京 機内泊
3/20 到着 -

ドミニカ野球を熟知している日本人コーディネーターに手配によるドミニカ野球現場訪問。ジュニアレベルからトップレベルのトレーニング、試合を間近で見学や現地指導者との会話、意見交換ができる機会。
一般に日本から情報の得にくいドミニカのユースチーム、簡単に見学許可がでないようなMLB球団アカデミーの視察、練習・紅白戦の帯同など、リアルドミニカ野球を経験します。

ドミニカ野球留学(短期野球留学)
ドミニカ野球留学(短期野球留学)

ドミニカ野球留学(短期野球留学)へのご質問・お問い合わせはこちら

日本の野球界で頑張ってきた選手は野球を通じて世界とつながっていき、成長していくチャンスをすでに持っています!さあ、野球留学へぜひ一歩を踏み出してみてください!

今プログラムを通して参加者は

  • 世界トップクラスの野球王国ドミニカのジュニア層と一日中野球の生活を通じ、野球を通じた国際交流ができる。
  • 野球がうまくなりたい、英語を勉強したいという意識、本人の自覚が、成長への一番の秘訣。刺激的な環境で、本人の自覚を促す機会を得られる。
ドミニカ野球留学(短期野球留学)

体験者の声

ドミニカ野球留学(短期野球留学)

(前略)選手のプレーも日本とは全く違っていた。まずはバッティング。とにかくフルスイング。小さい子から高校生まで共通して言えることだ。全員フルスイングをする。その姿に驚いた。そして守備。肩がとても良い。身体の動きがとてもかろやかである。捕球してから送球するまでの速さには驚愕した。日本では正面で捕球し送球するのが美しい形であり理想とされている。しかしドミニカ共和国では正面の打球も逆シングルの形で捕球する。日本で逆シングルで捕球するケースはギリギリの打球のみである。しかしドミニカ共和国では正面の形で逆シングルで捕球する。この形の方が送球に移すまで早いからである。そして送球はジャンピングスロー、弱い打球に対しては素手キャッチでそのままスローイングといった、日本では見られないプレーが飛び交っていた。(中略)このドミニカ共和国で行われている野球指導は野球だけでなく全てのことに当てはまるのではないだろうか。人生は日本野球のように負けたら終わりのトーナメントではなく失敗しても次がある。次の事が待っている。だからことポジティブに挑戦していく。このことを今回の留学で学ぶことができた。野球指導の違いや野球スタイルの差を学んだのみではなく、そこから人生観や生き方を教わったような気がした。充実した2週間のドミニカ共和国留学となった。

大祐君(高校3年生 トビタテ留学JAPANプログラムで参加)

感想全文はこちらを参照くださいhttp://bit.ly/ABdominica http://bit.ly/ABdominica2

ドミニカ野球留学(短期野球留学)
ドミニカ野球留学(短期野球留学)

ドミニカ野球留学(短期野球留学)へのご質問・お問い合わせはこちら

日本の野球界で頑張ってきた選手は野球を通じて世界とつながっていき、成長していくチャンスをすでに持っています!さあ、野球留学へぜひ一歩を踏み出してみてください!

ドミニカ共和国とは

ドミニカ野球留学(短期野球留学)

西インド諸島の大アンティル諸島のイスパニョーラ島東部に位置する共和制国家。モナ海峡を隔てて東にプエルトリコが、ウィンドワード海峡を隔てて西にキューバと、ジャマイカ海峡を隔ててジャマイカが存在する。首都はサントドミンゴ。 米州で最初にヨーロッパ人が恒久的に定住した土地であり、その後のスペインの侵略拠点となった。サント・ドミンゴは米州で最も早く建設された植民都市であり、それゆえ米州で初の大学、大聖堂、要塞が建設された。

ウィキペディアより

ドミニカ共和国の位置

首都サントドミンゴの気温と降水量

ドミニカ野球留学(短期野球留学)
ドミニカ野球留学(短期野球留学)

ドミニカ野球留学(短期野球留学)へのご質問・お問い合わせはこちら

日本の野球界で頑張ってきた選手は野球を通じて世界とつながっていき、成長していくチャンスをすでに持っています!さあ、野球留学へぜひ一歩を踏み出してみてください!

Q&A よくある質問

Q締切は?申込はいつまでにしなければいけないのでしょうか?
A出発日の2か月前となります。現地受入先状況により、それ以前に締め切となる場合もあります。あらかじめご承知おきください。
Q宿泊先はどのようになるのでしょうか?
A宿泊のプランとしては近隣のホテルまたはホームステイのいずれかとなります。ホームステイは朝、夜2食付き、ホテルは食事は費用に含まれておりません。ホテルで別途有料で食事をとっていただくことになります。
Q安全性は?
A元高校球児、大学野球出身、大阪の某ボーイズチーム指導者、中南米やアジア等の発展途上国での野球指導経験あり、ドミニカへの引率経験の豊富な日本人コーディネーター阪長氏が引率します。基本コーディネーターが安全と思われる環境の範囲での活動となります。ホームステイ時も緊急事態等の際には駆け付けられる体制を整えています。
Q英語が出来ないが、通訳はずっとつくのでしょうか?
A繰り返しですが日本人コーディネーター阪長氏が引率します。一方、プログラム中ずっと阪長氏が手取り足取り取って、逐一通訳をするということはなく、現地の選手やコーチたちと交流するように仕向けます。弊社の他のプログラムでも、参加の子供たちに積極的にアメリカ人と交流することを奨励しており、実際にキャンプの終わりにはアメリカ人の友達を作って帰ってくるほどに自立していきますので大人は大丈夫なはずです。過去の参加者も英語力が格段とあるわけではないのに地元の方と交流されていたようですので、現時点の英語力に関係なくドミニカ人指導者や選手たち、あるいはアカデミーに来ているアメリカ人やカナダ人と仲良くなる環境、チャンスが皆さんにもあるといえます。もちろん、安全には十分配慮した体制をとります。
Q乗り継ぎが2か所あるのか?
Aはい。東京からドミニカ共和国サントドミンゴ空港までは便が限られており、最適と思われるのは東京―ロスーニューヨーク(ニューアーク)-サントドミンゴ のユナイテッド航空での往復となります。それ以外は乗り遅れる可能性が高い、あるいはそもそも乗り継げず、途中で1泊しなければいけない、というように選択肢が限られてきます。また上記旅程をとっても、飛行機の運行状況により乗り継ぎができす途中で1泊しなければいけない事態が発生する恐れがあります。これはどのエアラインを使用してもこのリスクの完全回避を言えるところはどこもないことでしょう。乗継ができず途中で1泊しなければいけない場合、こちらからも最大限のサポートはしますが、航空会社とのやり取り等はご自身で現地でやっていただく可能性は十分にありますのその点はあらかじめご承知おきください。
Q申込の方法は?
A申込用紙ファックス、および申込費用(内金として10万円)のお振込み完了を持って、御申込となります。残額は開始日の2ヶ月前までにお願いしております。
Q航空券は自分で取らなければいけないでしょうか?
A受入先送迎や日本人コーディネーターとの帯同の関係もありますので、弊社提携旅行代理店での手配をお願いしております。どうしても御自身で航空券を手配されたい場合は、必ず発券前にご一報頂き、こちらで確認させていただくようお願いしております。

現地コーディネーター:阪長氏

NPO法人BBフューチャー国際事業部長。横浜DeNAベイスターズ、筒香選手、乙坂選手のドミニカ遠征コーディネートを始め、中学・高校野球指導者、医療関係者等、野球関係者のドミニカ遠征に帯同実績を持ち、毎年定期的にドミニカを訪問しながら、日本帰国時には各地でドミニカ野球の指導法についての講演やドミニカと日本の野球を通しての橋渡し活動を行っている。新潟明訓高校、立教大学硬式野球部出身。大学卒業後、大手旅行代理店勤務後、海外青年協力隊としてコロンビア等で野球指導。

ドミニカ野球留学(短期野球留学)
ドミニカ野球留学(短期野球留学)