スポーツ留学、スポーツトレーナー留学などアメリカ・海外で活躍したいひとのためのサイト

American Football Program

長期テニス留学 米大学

日本のジュニアテニス界で頑張ってきた選手はテニスを通じて世界とつながっていき、
成長していくチャンスをすでに持っています!
さあ、ぜひ一歩を踏み出してみてください!

長期テニス留学 米大学

錦織選手、大坂なおみ選手と男女のプロテニス選手の世界的な活躍が目立ちますが、全米大学選手権で準優勝、優勝と姉妹で活躍した小和瀬姉妹をはじめ、アメリカの大学で活躍する日本人は少なくありません。

小和瀬姉妹は日本でもトップクラスでしたが、実は県ベスト4レベルでアメリカの大学から全額奨学金を獲得した選手の例もあるほど、高いレベルの日本のテニスで頑張ってきた選手は、アメリカの大学でテニスを続け活躍をし、さらに奨学金を獲得できる可能性は十分あります。

アメリカでは文武両道が原則であるため、試合に出るには勉学もおろそかにできないルールからチームで勉強を助け合う習慣があることもアメリカ大学スポーツの特徴。

英語、スポーツともに大いに成長が期待できる機会。実績によっては、奨学金獲得も可能。

多くの大学では英語が出来ないと公式戦に出れない、練習にも出れないという規約があるので単にアメリカに行けばいいというわけではないので、キチンと手順を踏んで入部を勝ち取っていくのが重要となりますが、日本のジュニアテニス界で頑張ってきた選手はテニスを通じて世界とつながっていき、成長していくチャンスをすでに持っています!

さあ、ぜひ一歩を踏み出してみてください!

長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学

長期テニス留学 米大学/プログラム概要

開始時期 渡米時期は通常5月又は6月。新学期開始(部合流)時期は8月又は9月(4学期制学校は3月からも可能だが、部活開始は秋学期から)
参加資格
  • 硬式テニス経験者。都道府県上位選手は活躍のチャンス大
  • 長期にわたり留学が可能な方(資金面、健康面等含む) 申込時点での英語力は不問
  • 自主的、ポジティブで、受入先に貢献しながら、英語を身に付けていこうという積極性
※日本の大学の当該の体育会運動部に所属、2年以上の公式戦出場経験がある方は不可
学校 弊社提携大学
滞在方法 寮またはホームステイ
定員 限定名
長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学

長期テニス留学 米大学を通して参加者は

  • スポーツは世界の共通言語。同じチームでスポーツをやることで真の交流ができ、国境をまたいだ真の友情をはぐくむことができる。
  • アメリカの大学に入って、ロースター枠(試合メンバー入り枠)へチャレンジ。さらに実績を残せば、奨学金等、更なる上のステップへのチャンス。
  • 文武両道が原則のため英語習得・勉強をやらざるを得ない強制力が働く。それは後に語学力、グローバル力という大きな力となる。特にほかの国と違い、きちんとした英語教育の機会、高校卒業単位、大学卒業単位取得の機会がある。
  • 日本とは異なったトレーニング方法の習得や、日本にいてはできない国際スポーツ界でのコネクション、同じ志を持つ者のネットワークを作るチャンス。
長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学

全米大学選手権準優勝、米大学最高峰NCAAディビジョン1
ジョージア大全額奨学金獲得の小和瀬麻帆さんからお話を伺いました!

小和瀬麻帆さん
選手から見たNCAA、アメリカスポーツ界、スポーツ留学とは【その1】

先日10月15日に、「選手から見たNCAA、アメリカスポーツ界、スポーツ留学」というテーマのセミナーを、アスリートブランドのプログラム参加生および資料請求者向けにクローズドで行いました。セミナーはパネル形式で、登壇者は、NCAAディビジョン1 ジョージア大で全額奨学金を受けテニス留学をし、在学中に全米大学選手権ダブルスで準優勝、ダブルスランキングでは一時全米ランキングトップに上り詰めたという素晴らしい実績を持つ小和瀬麻帆さんをメインパネリストでお迎えしました。

続きはこちら
小和瀬麻帆さん
選手から見たNCAA、アメリカスポーツ界、スポーツ留学とは【その2】

前回に引き続き、先日10月15日に、NCAAディビジョン1 ジョージア大で全額奨学金を受けテニス留学をし、在学中に全米大学選手権ダブルスで準優勝、ダブルスランキングでは一時全米ランキングトップに上り詰めたという素晴らしい実績を持つ小和瀬麻帆さんを招いて「選手から見たNCAA、アメリカスポーツ界、スポーツ留学」というテーマで行ったセミナー、及び7月のKEIO X そしてその前の打ち合わせの話も含めまとめたものをご紹介します。
今回は第二弾です。

続きはこちら
長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学
長期テニス留学 米大学