ニックボロテリーテニスアカデミーでのジュニア野球留学

米大学野球部セレクション参加者

実践的長期トレーナー留学インターンシッププログラム

特徴:アスリートブランドの長期トレーナー留学インターンシップとは

■通常はすぐには入れない米大学トレーナー活動に、渡米後一年目からスタッフとして参加、現場体験、実戦経験を積める

■英語力初級、トレーナー未経験でも参加できる

■NATA(全米トレーナー協会)認定アスレチックトレーナーを目指す際に必要な現場実践時間(=オブザベーションアワー)が獲得できる

■語学学校では得られない、アメリカ人ヘッドトレーナー、学生トレーナー、選手たちとコネクションを形成するチャンス

■ローテーションにより、ひとつの競技だけでなく、複数の競技の現場を体験することができる

■英語は世界の共通語。アメリカ留学をしてWBC台湾代表のトレーナーを務めた方がいるように、英語習得により、日米はもとより、アジアをはじめグローバルでのトレーナー活動が可能となる

なぜアスリートブランドのトレーナー留学か(プログラム比較表)

通常の留学 アスリートブランドでは
英語プログラム・語学学校では、シーズンにわたってのトレーナー活動や現場に入ることは難しい。(1日だけ体験や見学は可能かもしれないが) 渡米1年目からトレーナースタッフの一員として、現場のトレーナー活動に参加できる。
英語プログラムをクリアしても、アスレティックトレーニングプログラムに定員があり、1学期、場合によっては1年枠が空くのを待たなければならないことは少なくない。 渡米1年目からトレーナースタッフの一員として、現場のトレーナー活動に参加できる。
外部から学生トレーナーやヘッドトレーナーと仲良くなることは容易ではない。英語プログラムにいたままでは、接点は少なく、英語もままならない。アメリカ人の友達もできにくい。 英語が出来なくても、トレーナールームや現場で活動ができる。手伝いをする中でアメリカ人学生、トレーナーとコミュニケーション、親交を深めていくチャンス。
飛び入りで押しかけても、英語やほかのことを理由に断られる可能性は高い。選手は、セレクションで能力を見せればまだチャンスはあるが、トレーナーにはセレクションやトライアウトがない。 創業以来、10年以上続くプログラム。これまでの先輩のインターン生が頑張ってくれたため、アスリートブランドの日本人生徒の評価が高く。トレーナーを送ってほしいといわれるほどの関係がある。
アドバイザーが行ったことがない受入先の方が多い。 基本的に受入先を訪問するポリシー。数も厳選されている。
学費を留学会社経由にしなければいけない所も有。=流用、受入先へ不払い。などのお客様のリスク有。過去に問題化。 学費等は直接学校へ支払っていただく。=流用、受入先へ不払いなどのお客様のリスクはない。
スポーツのインターンはかなり限られている。またインターンとの名称で、実際は、単なる見学。視察。旅行というプログラムが多い。短期が多く長期は稀である。 実際にアメリカ人トレーナーと一緒に活動する実践的インターン。受入側も、戦力とみなしている。(言葉が上達していけばさらに)
強引でしつこい勧誘・営業もあるという。 しつこい営業無し。長期留学は行かせられるところではない。異国での生活は最初は特にタフ。しっかり検討が必要。家族からの応援(金銭的、精神的】無理やり行かせるとつらい時、乗り越えないで人のせいにしたり、あきらめやすい。そうなると本人、受入先、親御さん、みんな不幸になるおそれあり。
実践的長期トレーナー留学インターンシッププログラム
申込/資料請求はこちら

Q&A よくある質問

いつからトレーナー活動が始まりますか。

トレーナー活動は8月頭ぐらいから始まります。ただし受入先からは、その前に1〜2か月、語学学校に行き、英語を少しでも上達させ、アメリカの生活に慣れてもらうことを強くお奨めしています。

このプログラムでNATAの資格は取れますか。

このプログラムで、NATAの資格を取ることはできません。
しかしながら、NATAを目指すアメリカ人学生トレーナーと一緒に仕事をしたり、彼らやNATA公認アスレティックトレーナーのヘッドトレーナーからいろいろな情報収集やコネクションができ場があります。
NATAを目指す方は、本プログラムの後、NATA認定プログラムのある大学へ編入することになり、NATA受験に必要な単位を修得することになりますが、その際必要となる、オブザーベーションアワーといわれる一定の実習時間を本プログラム中に稼ぐことができます。(申請方法等はヘッドトレーナーに要相談)
また、NATA認定校のアスレティックトレーニングプログラムに入るために、推薦状がたいてい3〜4通必要なのですが、この、留学生にとっては大変な推薦状を、本インターンプログラムを行うことによって、ヘッドトレーナーやアシスタントトレーナーにお願いすることが可能です。

英語が話せないのですが大丈夫でしょうか。

今までにこのプログラムに参加された方は、皆さん最初は英語が話せませんでした。英語プログラムに通い、教室で英語力の基礎はしっかり勉強しながら、そして、トレーナー活動の現場で実際に英語を使い、上達していきました。
受入大学は、過去すでにこのような生徒を受け入れてきている歴史があり、ヘッドトレーナーも理解があります。
しかしながら、まったく英語ができないと、ヘッドトレーナーとしてもなかなか任せられるような仕事を与えることはできません。また、せっかくすべてを吸収し勉強したいという気持ちがあっても、英語がわからないとトレーナーの学習にもなりません。本プログラム参加者の方は1年から半年前に決断し、そこから日本で既に英語学習をスタートさせ、留学時から好スタートダッシュを切っている方もいらっしゃいます。
英語はスポーツと同じ、一日で簡単に成果が出るものではなく、コツコツと積み重ねて行くことが大切です。「英語は留学に行ってから」ではなく、日本にいるときから、英語習得に努めることを強くお奨めしています。

いままでトレーナー活動をしたことがありませんが大丈夫ですか。

未経験者でも参加できます。重要なのは熱意と積極性です。日本でトレーナー活動をお手伝いできる機会があれば、留学前に体験してみることをお奨めします。また、トレーナーの勉強もおすすめです。

申し込みがたくさんあった場合、どうなりますか。

お申込は先着順となっております。受入先状況によりますが、毎年各校2〜5名程度となります。

「本トレーナーインターンプログラム」の期間はどのくらいでしょうか?

トレーナー活動は1シーズン=8月末から翌年5月末頃までとなります。希望であれば、1学期の期間だけ(8月末〜12月 または 1月〜5月末)での参加は可能です(費用は期間の長さによって変動しません)
1シーズンを以上に関しては、受入先の状況によります。受入先の了承があれば、継続は可能です。

プログラム費用には、何が含まれていますか?

費用にはトレーナーインターン枠の確保、大学入学手続き、ホームステイの確保、語学学校からの転校の場合、その転校手続き、その他大学との種々のやり取り等が含まれます。学費(語学学校、大学とも)、滞在費、教科書代、航空券、保険料は含まれておりません。

寮、ホームステイ、ルームシェアなど。アスリートブランドにて手配は可能でしょうか?

寮、ホームステイの手続きは弊社でサポートします。渡米直後でアパート滞在の手配は行っておりません。通常は、1学期または1年滞在の後アパートへ移られるパターンが多いようです。その方が、ルームシェアできるルームメイトも見つかりやすいです。

本プログラム滞在中アルバイトは可能でしょうか?

基本的には留学生のアルバイトは禁止されています。しかし、大学のキャンパス内のアルバイトで決められた時間内のものならば認められています。
留学中にアルバイトで資金を稼ごうという財政計画はお奨めできません。そのような考えが面接官に伝わるとビザ申請許可が下りない恐れもあります。最低1年間分費用の銀行残高の提示が必要です。費用については資料請求時にお送りいたします。

その他の質問・お問い合わせは 03-3230-0036 または info@athlete-brand.com まで

申込/資料請求はこちら
実践的長期トレーナー留学インターンシッププログラム

お申込の流れ

お申込の流れ

実践的長期トレーナー留学インターンシッププログラム

トレーナー留学インターンシッププログラム申込・資料請求フォーム

» 特定商取引に関する表示

・(*必須)の項目は必ずご記入ください。
・また半角カタカナは使用しないでください。
希望資料請求(*必須)複数可
本プログラムに申込します
本プログラム資料請求します
名前(*必須
(全角 例:留学 太郎)
ふりがな(*必須
(全角 例:りゅうがく たろう)
性別(*必須 男 
生年月日(*必須
郵便番号 (半角数字 例:100-0001)
都道府県
ご住所(*必須
電話番号(*必須 - - (半角数字)
留学希望時期(*必須 西暦: 月から
このサイトを何で
知りましたか?(*必須
上記の詳細
(例:雑誌名、新聞名、番組名、紹介者など)
備考
メールアドレス :

申し込みをされた場合、アスリートブランドによってメールマガジン「0000140442:スポーツ選手のためのやる気の出る名言集」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。) 登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000140442.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。
また、登録情報元に弊社発行のスポーツ情報、スポーツ留学情報、販促情報の送付をさせていただきます。

 
以上を同意の上、  
» 個人情報のお取り扱いについて

トップへ戻る

プログラム生の進路例

Arizona Diamondbacks
Arizona Diamondbacks

San Francisco Giants
San Francisco Giants

Arizona Diamondbacks
中日ドラゴンズ

Arizona Diamondbacks
Free Blades

トレーナー志望者向MLBフィリーズ傘下A球団現場体験

短期トレーナー現場体験プログラム

トレーナー留学

康博くん

トレーナー留学

宋くん

トレーナー留学

公彦くん

トレーナー留学

翔平くん

トレーナー留学

ケンジくん

トレーナー留学

ケイジロウくん

トレーナー留学

MTくん

トレーナー留学

Kくん

トレーナー留学

佐藤くん

Copyright © Athlete Brand All Rights Reserved.