トレーナー現場研修@メジャーキャンプ

本場アメリカの4年制大学でトレーナーの現場体験+講義+指導

米トレーナー短期現場インターンシップ体験

本場アメリカの4年制大学でトレーナーの現場体験+講義+指導
現場体験に加え講義やNATA公認トレーナーからATCの道についてのアドバイスも受けられる高校生以上向トレーナー短期留学

概要

期間 a. 1週間 : 日本日曜出発到着現地日曜到着、現地土曜出発、日本日曜到着
b. 2週間 : 日本日曜出発到着現地日曜到着、現地土曜出発、日本日曜到着
c. 16泊17日 : 日本金曜出発到着現地金曜到着、現地日曜出発日本月曜到着
d. 23泊24日 : 日本金曜出発到着現地金曜到着、現地日曜出発日本月曜到着
受入校の休みの期間は参加が難しい場合があります。お問い合わせ下さい。
受入先 テキサスA&M大学コマース校(米テキサス州)ダラス郊外。
運動部:男女バスケットボール、アメリカンフットボール、女子サッカー、女子バレーボール、男女ゴルフ、クロスカントリー、陸上競技、チアリーディング等 宿泊先はホテル
参加人数 定員あり。申込締切=定員埋まり次第受付終了となります
参加に英語力は不要です。

米トレーナー短期現場インターンシップ体験

今プログラムを通して参加者は

スケジュール例:現地状況により、多少の変更の可能性があります。ご了承下さい

1週間の場合

日程 内容 宿泊
1日目 成田集合出発・到着・チェックイン 大学周辺
2日目 【午前】PTクリニック又は講義
【午後】トレーナー現場(トレーナールーム、練習現場)
3日目
4日目
5日目
6日目
7日目 【午前】ホテルから空港へ移動、飛行機で日本へ出発 機内
8日目 成田に到着

1週間のスケジュールのおもな例(秋シーズン)

日曜日
夕方 ダラス空港到着
ウェルカムディナー (到着週)
月曜日
9-11:30am アスレティックトレーニング講義(アスレティックトレーナーへの道、トレーナーの責任等)テーピング実習
11:30-1pm 昼食
1-3pm 大学キャンパスツアー
3pm バレーボール部練習準備、テーピング実践、ストレッチ補助
4-7pm バレーボール部練習帯同
8pm 夕食
火曜日
8-11am トレーナールーム帯同・見学・補佐、トリートメント・リハビリ、ウエイト(ウエイトルーム)見学・補佐
11:30-1pm 昼食
1-4pm トリートメント・リハビリ、バレーボール部練習準備、テーピング実践、ストレッチ補助
4-7pm バレーボール部練習帯同
8pm 夕食
水曜日
8-9am PT クリニック
9-11:30am トレーナールーム帯同、トリートメント・リハビリ・ウエイト見学・補佐
11:30am-1pm 昼食
2:30pm フットボール部練習準備、テーピング実践、ストレッチ補助
4-7pm フットボール部練習帯同
8pm 夕食
木曜日
8-11:30am トレーナールーム帯同・見学・補佐、トリートメント・リハビリ
11:30am-1pm 昼食
1-5pm アスレティックトレーニング講義
5pm フットボール部試合準備、テーピング実践、ストレッチ補助
7-10pm フットボール部ホームゲーム帯同
金曜日
8-11:30am トレーナールーム帯同・見学・補佐、トリートメント・リハビリ
11:30am-1pm 昼食
1-4pm アスレティックトレーニング講義、テーピング実習
4:30pm 夕食
5-6:30pm 女子サッカー部試合準備、テーピング実践、ストレッチ補助
7:30pm 女子サッカー部ホームゲーム帯同
土曜日
最終週の場合
(1週目)
ダラス空港出発
6:30am フットボール部練習準備、テーピング実践、ストレッチ補助
8am フットボール部練習帯同
11:30am 昼食
12-5pm 観光他
5:30pm 夕食
6pm フットボール部練習準備、テーピング実践、ストレッチ補助
7:30pm フットボール部練習帯同
日曜日
Moring トレーナールーム帯同・見学・補佐、トリートメント・リハビリ
12pm 昼食
2pm テキサスレンジャーズ観戦
6pm 夕食

■参加費用に含まれるもの

現地宿泊代(2人1部屋)、食事(朝、夜)、現地移動費用(試合に関する移動)、英語プログラム費用、トレーニングプログラム参加費、現地コーディネート代、施設使用費、他。*現地事務局の状況より若干の変更の可能性有。

■参加費用に含まれないもの

往復航空運賃、昼食代、成田までの日本国内交通費、お土産・電話代等個人的な支出、個人的な移動に関する費用、空港送迎費用等

申込/資料請求はこちら

参加者の声

トレーナーが実際にアスリートのケアを行っている様子と生で見ることが出来て、非常に勉強になりましたし、トレーナーの事を何も分かっていない僕が「トレーナーとはどのようなものか」「どうすれば資格がとれるのか」といった基本的な質問をしても、嫌な顔一つせず丁寧に答えて下さったお陰で、多くの事を知る事が出来ました。そして、自分の今後にとって大きなヒントを掴めました。短い期間ではありましたが、本当に内容の濃い有意義な2週間を過ごす事が出来ました。本当にありがとうございました。

SNさん(東京都):他大短期トレーナープログラム

私は今回一週間の短期プログラムに参加しました。
英語が全く話せない状態での参加だったのでとても不安でしたが、現地のトレーナーさんや選手の方などがサポートしてくださり充実した一週間になりました。現地では、選手の練習前後のストレッチなどのケアや練習中のサポートをしました。初めて見たフットボールの練習では、選手と直接触れ合うこともできとてもいい経験になりました。現地に行き日本との違いを感じたところは、選手に対するケアの違いです。練習前後のケアを行うトレーニングルームでは、様々な機械がそろえてあり症状に合わせたケアができ、またトレーナーの方々も選手と体の状態を話しながらストレッチを行うなど、選手に対してのサポートが充実していました。また、アメリカの大学ではスポーツ選手に対しての奨学金などがあり、様々な面でバックアップしていることがわかりました。アメリカに行ってみて、今までより視野が広がりもっとたくさんの経験を積んでみたいと思うようになりました。また、英語力も向上させたいと思いました。とても充実し、成長できた一週間でした。

SOさん(長崎県)

今回が初めての海外でした。何もかも見るものすべてが新しくドキドキの毎日でした!私は今まで部活ではずっと選手だったのでトレーナー活動はしたことがありませんでした。2週間を通して思ったことはトレーナーは選手とコーチの間のポジションにいるので選手はみんなトレーナーの人とフレンドリーに接し、練習中、試合中どこかちょっとでも体に違和感があればすぐトレーナーのところに相談に来ます。これは日本ではあまり見られない光景だなと思いました。アメリカでは大学でさえこんなにもトレーナーのシステムがしっかりとしていて選手の体のケアが第一とされているのか!と驚きでした。アメリカで見てきたものをこれからに生かしていきたいと思います。自分の夢へ向かう気持ちがまた大きくなりました!本当にありがとうございました!

IYさん

私は2週間の体験の内のほとんどをアメフト部で過ごしました。この大学のアメフト部は選手だけで150人程度、スタッフやコーチを合わせると180人程度いて、とても大きなチームだと思いました。日本ではアメリカほどアメフトはメジャーな競技ではありません。だからこんなに多くの人がアメフトを愛していることに感動しました。そして設備が整っていることにも感動しました。あれだけの選手がいたら、水や氷などの準備は大変です。私の大学のアメフト部の5倍ほどの量が必要でした。多くの機械を使うことができ、それを保管できる場所があるからそれが可能なんだなと思いました。そして一番日本と違うと思ったのが、トレーナーの立場です。アメリカではトレーナーはコーチと同じ立場にいると聞いていました。そのことをあまりイメージ出来なかったのですが、実際にそうなんだと実感しました。何より、選手がそのことを理解していました。日本でもチームによって違うと思いますが、アメリカの選手は自分のケアにきちんと時間をかけます。ケアを怠るとコーチに怒られたり、練習させてもらえなかったりするからです。そして、少しでも怪我をすると、すぐにトレーナーに言いに来ます。これもすぐに言わなければいけないと教えられているからです。日本では怪我をしても我慢しろとか精神面が弱いから痛いと感じるんだとか、我慢する人が強い人だという古い考え方が未だにあります。スポーツをしていれば必ず怪我をします。それを受け止めてどう対処するかが大切なんだと言うことを再確認することができました。今回の体験は私の中でとても良い刺激になりました。これからもこの経験を活かして頑張っていこうと思います。

SYさん

アスリートブランド短期留学プログラム参加者の声

Q&A よくある質問

その他の質問・お問い合わせは 03-3230-0036 または info@athlete-brand.com まで

NATA資格に必要なオブザベーションアワーズの換算になるのか。

NATA資格に必要なオブザベーションアワーズの換算は可能です。必要の旨、渡米前にお知らせ下さい。

留学先はどんなところか?

テキサス州、ダラス郊外の小都市。ダラスから車で1時間半ぐらい。日中は、晴天であれば暖かいですが、朝晩は冷え込みますのでお気をつけ下さい。(持って行くべきもの等はお申込後、お知らせします。)

活動内容は?

午前は講義系、トレーナー活動は午後となります。午後は現地トレーナーの指示の元、トレーナールームまたは部活動の場での現場体験となります。スケジュール、現場状況、時期により、時間が変動はあります。体験できる運動部は、シーズン及び、現地トレーナーの指示、状況によります。(別紙の活動例ご参照下さい。)

英語力はないが大丈夫か?

受入先のトレーナー、中村氏が常駐しておりますので、問題ないです。が、せっかく行ったのであれば、どんどん参加者本人も積極的に、現地の方と英語で会話、交流をしていただきたく思います。弊社の他の同様なプログラムで、帰国子女でない小中高生でも自力でがんばってやっておりますので、みなさんもやっていけると思います。

飛行機の手配は。乗り継ぎはあるのか

飛行機の手配は、通常、弊社で行うことは可能です。その際は、日程確認まで特に何もしていただくことはございません。ご自身で手配されたい場合はご相談下さい。ダラスまでは東京から直行便があります。

海外旅行保険は必要か。

海外旅行保険加入が義務付けられています。

現地で延長することは可能か。そのまま留学したい場合は?

現地で延長することは不可となります。長期で留学されたい場合は、いったん帰国いただき、ビザ等適切な手続きが必要となります。はじめから長期留学をご希望の際は、ご相談下さい。

締切は

準備の関係上、通常開始日まで2ヶ月前ぐらいまでにお申込をお願いしております。希望出発日まで2ヶ月をきってしまった場合は、受入先状況により可能な場合がございますので、ご相談下さい。

グループでの参加は可能か

可能です。既に検討されている学校法人様もございます。ご相談受付中です。まずはお声をおかけください

その他の質問・お問い合わせは 03-3230-0036 または info@athlete-brand.com まで

申込/資料請求はこちら

米大学トレーナー現場体験内容案

すべてをカバーするわけではございません。現地状況により体験内容が変わります。あらかじめご了承お願いします

中村 雄也

[受入アスレチックトレーナー]中村 雄也氏

米トレーナー短期現場インターンシップ体験

短期トレーナー現場体験プログラム申込・資料請求フォーム

» 特定商取引に関する表示

・(*必須)の項目は必ずご記入ください。
・また半角カタカナは使用しないでください。
希望資料請求(*必須)複数可
本プログラムに申込します
本プログラム資料請求します
名前(*必須
(全角 例:留学 太郎)
ふりがな(*必須
(全角 例:りゅうがく たろう)
生年月日(*必須
郵便番号 (半角数字 例:100-0001)
都道府県
ご住所(*必須
電話番号(*必須 - - (半角数字)
留学希望時期(*必須 西暦: 月から
このサイトを何で
知りましたか?(*必須
上記の詳細
(例:雑誌名、新聞名、番組名、紹介者など)
備考
メールアドレス :

申し込みをされた場合、アスリートブランドによってメールマガジン「0000140442:スポーツ選手のためのやる気の出る名言集」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。(現在休止中。廃止再開の場合、配信されます)) 登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000140442.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。
また、登録情報元に弊社発行のスポーツ情報、スポーツ留学情報、販促情報の送付をさせていただきます。

 
以上を同意の上、  
» 個人情報のお取り扱いについて

アスリートブランドのトップページへ

トップへ戻る

Copyright © Athlete Brand All Rights Reserved.