シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)

Silicon Valley

シリコンバレースポーツビジネス研修

SSBT(Siliconvalley Sports Business Training)

活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

スポーツなしの活動型研修もあります!

真の実践型・活動型 ビジネストレーニング留学
in シリコンバレー

~未来を先取りするビジネス留学~

詳しくはこちら

シリコンバレースポーツビジネス研修 SSBT(Siliconvalley Sports Business Training)
活動型・実践型プログラム トビタテ留学JAPANプログラム対応

これまでの単なる訪問、視察、見学を超えた、活動・行動メインのリアル研修

スポーツビジネス X シリコンバレー(IT) X 活動型・実践研修
シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
なぜシリコンバレーでスポーツか?

  • 伝統的にスポーツの盛んなベイエリア(MLBジャイアンツ, A's, NFL49ers, NBAウォリアーズ etc)
  • シリコンバレーのIT技術が加わり世界最先端のスマートスタジアムとして有名なリーバイスタジアム
  • リオ五輪で最もメダルを獲得しNCAA一の文武両道校、NCAAのお手本的存在のスタンフォード大
  • スポーツ分野へ積極的な進出を行う大手IT(フェイスブック、ツイッター、SAP、インテルetc)
  • 日本のベンチャー投資の総額を上回る投資の米スポーツベンチャー。そのスポーツベンチャーが集まる
  • 起業家のエコシステム、新しいことに挑戦する人々が集まり、かつオープンなコミュニティ
  • 「球団ビジネス」「スタジアムビジネス」「NCAA」「スポーツ×IT」… 産業規模を3倍に大幅拡大しようという日本スポーツ界にとって、まさに重要なキーワードが満載なのがこのシリコンバレー。そして、
  • 世界のスポーツ界、未来のスポーツ界、スポーツ界のみならず、あらゆるビジネスの未来のヒントがたくさん転がっている街

その現場に入ってヒントを先取りするか、後ろを追っかける側になるかはあなた次第。

これはもはや研修ではない、スポーツの未来を見つけ、生み出す機会。

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
プログラム概要

1.講義・トレーニング

現地研修会社によるトレーニング。プレゼンテーショントレーニングやコミュニケーション力をアップさせるトレーニング、個人のゴールやスケジュール作成・設定等自分を見つめなおす時間、同期参加者や現地スタッフとグループディスカッション、現地シリコンバレーで頻繁に聞くビジネス英語のミニレッスンなど座学よりも一歩進んだ能動的なトレーニングが行われます。

講義・トレーニング

シリコンバレースポーツビジネス研修
講義・トレーニング

2.現場主義

個人のゴール設定をしたあとでシリコンバレーの企業、大学、スポーツ施設の現場に飛び込んでいきます。実際の現場を見て、体感し、人とつながることで理解を深め、新たな気づきの機会を得ます。

現場訪問の機会の例

シリコンバレー拠点IT企業、リーバイスタジアム(49ers本拠地)、AT&Tパーク(SFジャイアンツ本拠地)、スタンフォード大学等

現場主義

シリコンバレースポーツビジネス研修
現場主義

3.ミートアップ

シリコンバレーはミートアップと呼ばれる、交流イベントがそこらじゅうで開催されています。交流イベントに積極的に参加し、積極的にコミュニケーションを取り、人とつながっていきます。3週間以上のプログラムでは、現地スタッフがサポートのもと参加者自らがミートアップを企画、主催、運営する機会が得られます。

ミートアップ

シリコンバレースポーツビジネス研修
ミートアップ

4.訪問・マッチング

受入企業の持つコネクションや作戦ミーティングなどをもとに、現地ITベンチャーとのマッチングの機会。表敬訪問を超えたよりリアルなミーティングの可能性(実施希望の方は事前にご相談ください)

訪問・マッチング

シリコンバレースポーツビジネス研修
訪問・マッチング

5.現場プロジェクト活動

机上だけでない。見学、視察だけでない。トレーニングの一環として受入企業が実際に行っているプロジェクト活動に入り、シリコンバレーでのビジネスを体感してもらいます。参加者のスキル、能力、英語力により、内容は変わってきます。

現場プロジェクト活動

シリコンバレースポーツビジネス研修
現場プロジェクト活動

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
プログラムの特徴

スポーツの未来が広がる場 = シリコンバレー

学生や非スポーツ業界参加者はもちろん、トレーナーやスポーツ業界関係者にとっても、スポーツの新しいチャンスが見えてくる場所がシリコンバレーです。新たな角度でスポーツ界を捉える機会でもあります。

スポーツビジネス先進国のケーススタディの体感

巨大産業として確立し、今なお成長しているアメリカスポーツ界について、メディアの情報だけでは得られない、世界最高峰のアメリカスポーツビジネスの本場の世界を体感することができます。

NCAA 大学スポーツ

スポーツ×ITだけではない、リオオリンピックで全米の大学で最多のメダルを獲得したのがシリコンバレーのやや北西に位置するスタンフォード大学。日本版NCAA設立機運が高まる中、NCAAディビジョン1文武両道校には、日本版NCAA成功のヒントがたくさん転がっています。

NCAA 大学スポーツ

シリコンバレースポーツビジネス研修
NCAA 大学スポーツ

従来型のメジャースポーツ球団

2017年NBAチャンピオンのゴールデンステートウォリアーズ、MLBサンフランシスコジャイアンツ、オークランドアスレティックス他、従来型のメジャースポーツ球団がベイエリアには集まっております。

従来型のメジャースポーツ球団

シリコンバレースポーツビジネス研修
従来型のメジャースポーツ球団

新たな角度でスポーツ界を捉え、体験する機会

学生や非スポーツ業界参加者はもちろん、トレーナーやスポーツ業界関係者にとっても、スポーツの新しいチャンスが見えてくる場所がシリコンバレーです。

スポーツ×IT

アメリカではスポーツ×ITの流れは確実に進んでいます。日本にもようやくスポーツ×IT関連の話題が入り始めていますがこれからです。スマートスタジアムとして有名なリーバイスタジアムやスポーツ業界に次々に参入するIT企業。ITビジネス最先端のシリコンバレーに転がるスポーツ×ITの情報、コネクションをゲットし、時代の先を行くチャンスがそこにはあります。

スポーツ×IT

シリコンバレースポーツビジネス研修
スポーツ×IT

自ら道を広げていける学びの機会

プロアクティブ=自発的にプロアクティブに行動していく設計。

自らに働きかけ、自ら計画を立て、それに向かって進んでいく。プロアクティブな姿勢は留学、ビジネス関わらず、グローバルで頑張っていくために欠かせません。ミートアップ、各種イベントに積極的に参加し、ミーティングやアポを積極的にセッティング。さらにミートアップを開催する側になり、自ら動き仕掛けていく。自ら積極的に動いていくことで、プロアクティブな姿勢を身につけ、身についてくることでどんどんと視野や機会が広がっていくのを実感することでしょう。「自分でも大丈夫かな?」とみんな最初は不安。スタッフも適宜にアドバイス、サポートしていきます。

自ら道を広げていける学びの機会

シリコンバレースポーツビジネス研修
自ら道を広げていける学びの機会

シリコンバレーネットワーキング

オープンにアイデアや意見を交換し新しいものを作っていくのがシリコンバレーの独特の文化、エコシステムの特徴、その特徴を利用し、ミートアップや個別アポなどを通じ、現地のネットワーキングが可能となります。またスポーツ業界関係者に新たなビジネスモデルを作り出していけるような、スポーツIT企業とのマッチングも可能です。学生や非スポーツ業界関係者もスポーツベンチャーとのネットワーキングが日本進出など面白い展開につながるかもしれません。単なる見学、視察で終わらない、実際のビジネスに結び付けることが可能なチャンスが転がっているプログラム設計です。

シリコンバレーネットワーキング

シリコンバレースポーツビジネス研修
シリコンバレーネットワーキング

英語
受入先やミートアップ他、英語を使う場面はeverywhere. 現地スタッフからのアドバイスも受けられます。また、本格的な語学プログラム希望の場合、別途有料で手配が可能です。

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
新しいスポーツビジネス研修、スポーツマネジメント留学にこんな方が向いています

将来スポーツ関係で働きたい、スポーツをきっかけに海外にチャレンジしたい高校生、大学生(トビタテ留学ジャパン可)、スポーツ業界に転職したい社会人、スポーツマネジメントに興味がある方

アメリカの最先端スポーツ業界事情を体感したいスポーツ業界関係者、球団職員、大学関係者、差別化

新たなタイプの企業研修を探している方

研修だけでなくスポーツ×ITという新たなビジネスチャンスを探りたい方

学校、会社の団体研修にスポーツ要素を取り入れたい

本場NCAA、スポーツ×IT、スマートスタジアム、ベンチャースポーツIT、アメリカスポーツ界でのキャリアについて興味があり、現場で行動・体感しながら学んでいきたい

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
その他概要

時期・期間 2017年9月17日~9月24日
場所 カリフォルニア州サンタクララ
最寄り空港 サンノゼまたはサンフランシスコ
宿泊 近郊シェアハウス
定員 限定名定員になり次第締切となります。
費用 モニター特別価格 限定2名
318,000円(税込、航空券代別)は別料金となります。
含まれるもの
研修プログラム参加費用、英語アドバイス料、空港送迎代、現地サポート費用、現地受入先連絡・手続代行費用、現地移動手段費・手配料等
含まれないもの
現地までの往復航空運賃、期間中食費代、空港送迎以外の交通費、英語レッスン料(授業形式のレッスンは別途有料となります)、電話代・お土産代等個人的な支出、保険代、日本からの添乗員・通訳費用(一部始終の通訳はございませんが、現地スタッフによるアドバイスや緊急時のサポートは有ります)、日本国内交通費等

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
スケジュール例

1週間の例2週間以上の場合、土日オフ。月曜から新たな行動計画

半日ビジネス研修、半日スポーツ研修

1日目

日本―サンフランシスコまたはサンノゼ到着。オリエンテーション・ウエルカムパーティ

2日目

午前 オリエンテーション
参加者プロジェクト発表
午後 スタンフォード大学 キャンパス、スポーツ施設視察
シリコンバレー在住日本人との交流会

3日目

午前 現地ビジネスプロジェクト
講義:ベンチャーキャピタリスト
午後 サンフランシスコジャイアンツAT&Tパーク現場視察
試合観戦

4日目

午前 現地ビジネスプロジェクト
講義:現地IT企業エンジニア
午後 リーバイススタジアム視察
現地ミートアップ参加

5日目

午前 現地ビジネスプロジェクト
シリコンバレーにある企業でのランチ
午後 現地IT企業視察/トークセッション
現地ミートアップ参加

6日目

午前 現地ビジネスプロジェクト
シリコンバレーにある企業でのランチ
午後 最終報告会
懇親会

※上記はあくまでも例です。必ずこの内容になることを確約するものではありません。予めご了承ください。

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
Q&Aよくある質問

通常企業で行われているビジネス研修にスポーツ、ITの要素を掛け合わせてこれまでにないプログラムです。午前中は現地ビジネスプロジェクトに参加する実践的活動をしていただきながら、シリコンバレーでのスポーツ関連の動きに関する講義、ランチセッション、また現地で盛んにおこなわれるミートアップと呼ばれる会合やスポーツ関連のIT会社とのミーティングとそのセッティング、スマートスタジアムとして有名なサンフランシスコ49ersの本拠地リーバイスタジアム、サンフランシスコジャイアンツ、元プロアスリートからベンチャーキャピタリストに転身した方の会社訪問、NCAAディビジョン1文武両道の最高峰のスタンフォード大など、シリコンバレー周辺にあるスポーツ関連ネタを有効活用した内容となっています。

ツアーコンダクターが引率、同行する一般的な視察旅行とは異なり、PROACTIVE=自発的に、をキーワードに、参加者に自発的、積極的に行動してもらうようにプログラムを設計しています。現地スタッフは参加者の積極的な行動を陰で支える役割を担います。

シリコンバレー/サンフランシスコエリアはメジャースポーツ球団(49ers、ジャイアンツ、ウォリアーズ、シャークス、アスレチックス等)、そして前述のスマートスタジアムであるリーバイスタジアム、文武両道の名門スタンフォード大等、従来型、最先端のアメリカスポーツ界の現場が揃っている、実は全米でも数少ない地域の一つです。さらに、スポーツに力を入れるIT系ベンチャーやスポーツ分野に力を入れる大手IT企業が増え、シリコンバレーでスポーツビジネス機運が高まってきています。このように従来型、最先端のアメリカスポーツビジネスの現場だけでなく、未来につながるスポーツビジネスも一堂に体感できる他にはないエリアで将来の日本のスポーツビジネス界を背負う人にとっては体感しコネを作りにお奨めの場所であります。

宿泊は現地受入会社 B-Bridge International, Incの提携するシェアハウスでとなります。

現地日本人スタッフが緊急の際など日本語で対応させていただきます。また日本との緊急体制も整えております。

比較的治安の良いエリアです。一方、サンフランシスコダウンタウン等一部注意が必要なエリアについては、立ち入らないよう注意を促します。治安の良いエリアでも夜間の一人での外出を避けるなど日本と異なるということ踏まえ最新の注意をいただくよう説明をします。

日本からの帯同はありません。前述の通り、現地では緊急対応等、何かあったときにいつでも対応できるよう日本人スタッフが駐在していますが、研修の期間中ずっと手取り足取り面倒を見るというような帯同は致しません。弊社選手プログラムも含め、弊社プログラムでは参加生たちに積極的にアメリカ人と交流することを奨励し、実際にプログラムの終わりにはアメリカ人の友達を作って帰ってきます。過去の参加者も英語力がないのに交流されていたようですので、現時点の英語力に関係なくアメリカ人と積極的に仲良くなる環境、チャンスが皆さんにもあるといえます。

ありません。研修計画実行にあたり、現地日本人、アメリカ人スタッフから英語フレーズのアドバイス等は行いますが、授業形式の英語レッスンはありません。ご希望の場合は別途有料で近隣の英語学校へのレッスン手配を行います。

参加される方の御手間の軽減や、便の間違い等を防ぐためにも、弊社で、提携先旅行代理店に、航空券発券の依頼をする流れとなります。御自身で航空券を手配されたい場合は、送迎手配の関係で、ご一報頂くようお願いしております。

申込用紙ファックス、および申込費用(内金として10万円)のお振込み完了を持って、御申込となります。残額は開始日の2ヶ月前までにお願いしております。

団体研修、企業向け研修も行っております。また現地企業とのマッチングを組み合わせた研修よりさらに一歩進んだプログラムも提供可能です。詳細はお問合せ下さい。

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレースポーツビジネス研修(Siliconvalley Sports Business Training)
シリコンバレーとは一部ウィキペディアより

シリコンバレー

シリコンバレースポーツビジネス研修
活動型・実践型プログラム/トビタテ留学JAPANプログラム対応

シリコンバレー (Silicon Valley) は、アメリカ合衆国カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置しているサンタクララバレーおよびその周辺地域の名称。特定の一箇所を公的に指す地名ではなく、ある程度広い地域一帯の通称として使用される。名称は、多数の半導体メーカー(半導体の主原料はケイ素、英: Silicon)が集まっていたこと、および地形(渓谷、英: Valley)に由来する。この地域からはアップル、インテル、ナショナル・セミコンダクター、Google、Facebook、Yahoo、アドビシステムズ、シスコシステムズなどに代表されるソフトウェアやインターネット関連企業が多数生まれ、IT企業の一大拠点となっている。サンフランシスコから1時間ほど。アメリカンフットボールのプロ球団、サンフランシスコ49ERSの本拠地でスマートスタジアムと呼ばれる「リーバイスタジアム」が最も近くにあるほか、サンフランシスコジャイアンツ、ゴールデンステートウォリアーズ、オークランドアスレティックスなどのプロ球団のアリーナ、スタジアム、文武両道の有名大学、スタンフォード大学などが周辺にある。