アメリカスポーツ留学特待生制度

2017-18年度 アメリカスポーツ留学特待生制度

アメリカの学校には日本で優れた活躍をしている選手を求めるコーチ・監督がたくさんいます。
日本で活躍している選手ではアメリカでも活躍し奨学金を獲得する可能性があります。
アスリートブランド®では日本で活躍するより多くの選手に海外への一歩を踏み出してもらいたく、アメリカスポーツ留学特待生度を設けました。

アメリカスポーツ留学特待生制度
アメリカスポーツ留学特待生制度
アメリカスポーツ留学特待生制度

留学対象者

該当競技でレギュラー(スターター)として全国大会出場経験のある選手、またはナショナルチーム選出経験者

競技:男女サッカー、女子バスケットボール

該当競技でレギュラー(スターター)として地方大会(例:関東大会 都道府県大会より上のレベル)出場経験のある選手。または全国大会に一定の出場経験のある控え選手

競技:男女サッカー、女子バレーボール、女子バスケットボール、テニス(中学生)、ゴルフ(中学生)

文武両道で平均評定値4以上(5段階)、該当競技でレギュラー(スターター)として都道府県大会ベスト4以上

競技:男女サッカー、女子バレーボール、女子バスケットボール、陸上

特待S 49万円 1名
特待A 25万円 1名程度
特待X 15万円 1名程度
特記事項:下記が条件となりますのであらかじめご承知おきください。
  • *必ず毎年上記人数の特待生が選ばれるわけではありません。該当者なしの年もあります。
  • *弊社留学プログラム費用から減額の形となります。
  • *対象1が特待Sということではありません。
  • *どの対象となるかは審査の元、決定させていただきます。
  • *本特待制度申込・審査に費用は掛かりません。

アスリートブランド®米大学スポーツ留学全額奨学金獲得者

玉城早貴子さん(ソフトボール)

玉城早貴子さん
ソフトボール留学

沖縄県立知念高校時代はソフトボール部で国体メンバーに選ばれるも、大学ではソフトボールを続けず。ソフトボールへの熱が再燃し、アメリカプロソフトボールトライアウトに挑戦。惜しくも合格を逃すも、そこでの高評価に自信を持ち、ソフトボール留学を決意。 1年目から目覚しい活躍で、リーグオールスター選出、全米オールアメリカン(2年制大全米ベストナイン)セカンドチーム選出。全額奨学金支給。大学ではマイナーリーグのインターンも経験し、スポーツマネジメント学士修得。

スポーツ留学 体験者の声はこちら
アメリカスポーツ留学特待生制度
アメリカスポーツ留学特待生制度
アメリカスポーツ留学特待生制度

スケジュール例

審査及び受入校チェック

審査資料の提出(DVD、プロフィール等)

審査及び受入校チェック

受入校決定

留学の意思確認

留学決定

願書手続き

ビザ手続き

渡米各種手続き

渡米

アメリカスポーツ留学特待生制度
アメリカスポーツ留学特待生制度
アメリカスポーツ留学特待生制度