知らないと大変! 一般留学との違い

一般的な留学との違い:スポーツ留学におけるよくあるトラブルとアスリートブランドのアメリカサッカー留学

よくあるトラブル アスリートブランドでは
渡米して1~2年間部活できなかった(プレイヤー、トレーナーとも) 渡米1年目で部活ができる。現場参加できる。
行ってみたら、部活出来なかった。現場参加できなかった。英語力がないと部活ができないことは通常。 英語が出来なくてもプレイ、現場参加できる提携校。
米コーチは自分からリクルートするので、基本的にリクルートしてない選手を受け入れるのを好まない傾向にある。そのため、ルールまたは英語を理由に体よく断る場合もよくある。 セレクションで行って見せることで枠を確約。受入先との信頼関係、実績により受入のトラブルを防ぐ。
学校と部の意思疎通ができてないこともよくある。コーチが留学生受け入れの条件を理解していない。学校側も部活の仕組みを理解しておらず、行ってみて部活ができないとわかることは少なくない。 スポーツ留学を熟知、ポイントを押さえた上で留学生受け入れ経験、理解がある、みんながハッピーになるような提携校をセレクト。無理な所に押し込んでも、みんながアンハッピーになるだけ。
アドバイザーやスタッフの誰も行ったことがない受入先 基本的に受入先を訪問するポリシー。数も厳選されている。
学費を留学会社経由にしなければいけない。=流用、受入先へ不払い。などのお客様のリスク有。過去に問題化。 学費等は直接学校へ支払っていただく。=流用、受入先へ不払いなどのお客様のリスクはない。
単なる見学。視察。旅行(短期ツアー)。 短期においては、より現場に入り込む本格的プログラム。
サッカー留学成功例が実は乏しい 全額奨学金獲得、卒業、大手企業就職、プロ選手輩出等の実績

サッカー留学説明会開催

アメリカの大学に行き、英語力に関わらず、英語力を向上させ、大学卒業単位を取得していくことです。

アスリートブランドが 選ばれる理由

高校卒業後の選択肢の一つとして、アメリカの大学で英語を勉強しながらサッカーを続ける。

1

本物のサッカー留学

今後自分はこういう世界の場でサッカーをしたいと目標を具体化させることで、目標へ近づける。

Read More
2

圧倒的な留学実績

日本にいてはできない国際スポーツ界でのコネクション、同じ志を持つ者のネットワークを作るチャンスです。

Read More
3

更なるステップへの第一歩

トライアウトを兼ねた練習参加で評価を得れば、秋からの入部決定。奨学金等、更なる上のステップへの第一歩。

Read More