スポーツ留学、スポーツトレーナー留学などアメリカ・海外で活躍したいひとのためのサイト

アメリカ大学野球留学

おすすめプログラム

無料レポート「アメリカスポーツ留学入門」

野球の家庭教師

一番やさしく手軽なアメリカスポーツ留学

報知高校野球で記事掲載されました!

■ 野球留学の詳細は » こちら
■ 野球留学の第一歩米大学トライアウトは » こちら

メディアで多数紹介

スポーツキャリア登録募集!

エース損害保険株式会社

2009アリゾナ国際野球大会

2010年以降野球を続けたい進路未決定の選手向、メジャーリーグ、米独立、米大学挑戦企画

日本人6人がスカウト、うち米独立リーグ選手1名、米大学200万円超奨学金獲得1名等、 多数のアメリカ人がスカウトされる場で、日本人選手も野球を続けるきっかけをつかんでいます。

2009アリゾナ国際野球大会

アメリカ人高校生メジャーリーグの卵がドラフト指名のために自分のプレイを見せる大会。全米41チームが参加。06年対戦相手:2人が07年6月にMLBドラフト指名。一人は同年夏にルーキーリーグで早くも1勝。

今トライしてみるかあとで後悔するか。
高校生、大学生(硬式中退、軟式、準硬式)等硬式経験者向け

2009アリゾナ国際野球大会:米野球界セレクション

期間 2009年10月14日(水)〜19日(火)日本着(予定)
場所 アメリカアリゾナ州ピオリア(マリナーズ&パドレス春季キャンプ地)
滞在先 宿泊先は大学周辺ホテル。成田集合 米1都市経由
主催 アリゾナ国際野球大会事務局(団体名 Arizona Fall Classic アリゾナ州)
費用 [申込]
3月末まで 198,000円

5月末まで 208,000円
7月末まで 228,000円
以降通常価格 238,000円(定員埋まり次第締切となる可能性があります)
(税込・航空券代別)
■ 目的

2010年以降も野球現役続行を希望する選手に、世界でプレイするという可能性に挑戦してもらう機会
スカウトの集う、大会、トライアウトに出場し、米プロ(MLB、独立)、欧州プロリーグ、返済不要奨学金での大学進学など野球を続ける環境をつかみとる機会

■ 対象

2010年以降の所属、進路未定の選手
元プロ野球選手、社会人選手、09年度高校3年生、野球部に所属していない大学生硬式野球経験者・中退者、退部者

■ 参加者の活躍のフィールド

・米プロリーグ(MLB、独立リーグ)
・米大学野球部奨学金獲得
・米大学野球部入部

■ 長期的メリット

野球留学、海外経験により、英語を習得することで、大手スポーツメーカー、スポーツマネジメント会社、国内・海外の球団職員等、グローバルなスポーツ業界関係をはじめ、国際的な業務への就職の可能性も広がる。

■ 大会実績

6人がスカウトされ、5人がアメリカでプレイ。大学奨学金獲得者2名。米独立リーグ選手1名

■ アスリートブランド野球留学者実績例

横浜ベイスターズ関口雄大選手。米独立リーグ選手。米大学奨学金獲得者2名。うち松尾隆史選手はドラフト二桁輩出リーグで一時リーグ首位打者になる活躍を収める。2009年度も引き続き、高校留学、独立リーグ、米大学野球トライアウトなど挑戦者を輩出。

スケジュール:前回の例 事務局都合により多少変更有

1日目 成田集合出発・到着・チェックイン・調整
2日目 ゲーム
3日目 ゲーム
4日目 ゲームまたは練習またはトライアウト*
5日目 ゲーム
6日目 チェックアウト 現地発
7日目 成田着、現地解散

*地元大学との交渉、調整による
*各日空き時間で、アリゾナ秋季リーグ、米地元大学オールスターゲーム観戦、観光・ショッピングなどを予定

今プログラムを通して参加者は ...

  • アメリカでは「見られる」ことが次のステップ(プロ、特に大学)でのプレイを目指すために最重要!その貴重な機会
  • メジャーリーグマリナーズ、パドレス春季キャンプ使用施設。マイナーリーガーが隣のフィールドで練習試合も
  • 世界の同世代の選手と競い合う体験がで、海外を目指すもの同士とも横のつながりできる
  • 次なるステップの可能性、野球を続ける機会を探り、将来への目標を考える絶好の機会が得られる
  • 通常の1発勝負のトライアウトと異なり、試合さらに大学との練習など、より多くの機会でアピールできる

お申し込みは今すぐ

2009アリゾナ国際野球大会:米野球界セレクション

体験者の声

松尾君

アメリカの大学で野球留学、
MLB選手の卵も集まるリーグで活躍した松尾君の話

「とにかくアメリカに行ってみることです。私も、行かなかったら何も始まらなかったと思います。行ったことが、アメリカでプレイする自分につながったと思います。」 

含まれるもの・含まれないもの

【参加費用に含まれるもの】
現地宿泊代(2人1部屋)、食事(朝・昼)、現地移動(空港 - ホテル、他)、
現地コーディネート、大会エントリー代、施設使用費、他。

【参加費用に含まれないもの】
往復航空運賃、夕食代、成田までの日本国内交通費、海外保険代、
お土産・電話代等個人的な支出等

参加対象者・参加資格

【対象】

大リーグ選手を目指す選手、MLBドラフト選手を多数輩出する大学でまずは野球を続けてみたい選手、まずはアメリカで短期でプレーしてみたい選手、大学野球部退部者等、復活を賭け野球の続けられるきっかけを求める選手

【参加資格】

17歳〜24歳位まで(最大募集人数12〜15名)
*最大募集人数に達し次第、募集は閉め切らせていただきます。
*現役の野球部員(高校、大学)の方は必ず、各連盟に退部届けまたはプロ志望届けを提出後申込お願い申し上げます。

成功者輩出の実績。アスリートブランド野球留学出身者は...

アスリートブランド米短期野球留学プログラムできっかけ・自信をつかみ1名がプロ野球選手に! アリゾナ大会では6名がスカウト、うち5名アメリカでプレイ、うち独立リーグ1名・奨学金獲得2名!

山本君 投手
(石川県私立校出身)
⇒アリゾナ国際野球大会
⇒現在、野球留学中(米地元新聞にも報道)
松尾君 外野手
(埼玉県私立校出身)
⇒アリゾナ国際野球大会
⇒大学で奨学金獲得し、野球留学
松本君 捕手
(群馬県私立校出身)
⇒アリゾナ国際野球大会
⇒現在、米独立リーグでプレイ
関口君 外野手
(栃木県公立校出身)
⇒トライアウト体験参加
⇒米大学サマーリーグ
⇒横浜ベイスターズ

参加の場合の野球留学の流れ(例)

*あくまでもモデル例です。結果の確約は出来ません。

渡米までの流れ

よくある質問

その他の質問・お問い合わせは 03-3230-0038 または こちら まで

スカウトされたら...

スカウトがあった場合は、日本窓口に入りますので、ご連絡いたします。たまに、直接英文で連絡があることがあります。その際は、英文をこちらにお送りいただければ内容を翻訳します。プロのスカウトの場合、エージェントをご紹介します。

人数が集まらなかったらどうなるのか

申込状況が最低、戦える状態でなければ、中止となります。お預かりした申込金は必ず返金いたします。

申込はいつまでにしなければいけないのか

口約束で直前のドタキャンを防ぐためにも、参加希望者は事前に申込金をお支払いいただくことをお願いしております。できるだけ早い時点でお申込いただければ、参加が確定できますので、お申込をお願い申し上げております。

プロ志望届けは出さなければいけないのか

翌年卒業予定の高校3年生、または大学4年生の現役硬式野球部員の方には各連盟にプロ志望届けの提出をお願いしております。過去の大会でも提出をしていただき、連盟の方に問題なく受理をしていただいております。提出方法は、X北摂連盟でなく、まず指導者に提出する流れとなっていると思います。また現役引退後になると思います・提出方法については、学校、連盟によっても異なる場合もございますので、お手数ですが、各自ご確認いただいた上、御手続きをお願いします。 なお、卒業、退部などで、高校・大学の現役硬式野球部員に所属されていない方、準硬式野球部、軟式野球部の方はプロ志望届けの提出は不要です。社会人、クラブチーム現役の方は念のため、規定をご確認下さい。

スカウトされたら、そこに行かなければいけないのか

可能です。プロにスカウトされ拒否する方は少ないと思います。アメリカの大学にスカウトされても、必ず行かなければいけないということではありません。この大会に出てスカウトされたから入部しなければいけないという、強制力は一切ありません。

お申し込みは今すぐ

アリゾナ国際野球大会は募集を終了しました。

開催中の類似のプログラムをご覧下さい。

米大学トライアウト(対象 高校3年生、高卒以上)
米大学サマーリーグ(対象 大学生、専門生、高卒以上)

▲ページトップへ