スポーツ留学、スポーツトレーナー留学などアメリカ・海外で活躍したいひとのためのサイト

おすすめプログラム

野球の家庭教師

一番やさしく手軽なアメリカスポーツ留学

報知高校野球で記事掲載されました!

■ 野球留学の詳細は » こちら
■ 野球留学の第一歩米大学トライアウトは » こちら

メディアで多数紹介

スポーツキャリア登録募集!

エース損害保険株式会社

アメリカバスケ界でプレイしたいバスケ経験者向け

米大学バスケ長期留学挑戦プログラム

米大学バスケ長期留学挑戦プログラム

プログラム概要

開始 毎年6月または9月から長期留学(4月も場合により可能)
参加資格 男女高校バスケットボール経験者で渡米年卒業予定または既卒の方
既卒の方は、大学体育会バスケットボール部で公式戦出場経験のない方

:長期にわたり留学が可能な方(資金面、健康面等含む) 英語力は不要
:自主的、ポジティブで、受入先に貢献しながら、英語を身に付けていこうという積極的な方
*日本の大学の当該の体育会運動部に所属、2年以上の公式戦出場経験がある方は不可。
*全国大会経験者には、特別奨学金制度があります。
定員 限定名。男女1〜2名程度
滞在先 学生寮(当たり外れがあり確約できないホームステイではありません)
アメリカの2年制大学に入学。渡米後、選手トライアウトの後、合格すれば選手として。不合格でも練習生またはチームアシスタントとしてチーム入
男子バスケットボールヘッドコーチは元NBA選手。

今プログラムを通して参加者は...

  • アメリカの大学練習に参加、アメリカのバスケ環境の現場を文字通り体感できる
  • トライアウトを兼ねた練習参加で評価を得れば、秋からの入部決定。NCAA等、更なる上のステップへの第一歩を踏み出すチャンス
  • 日本にいてはできない国際スポーツ界でのコネクション、同じ志を持つ者のネットワークを作るチャンス。
  • 好きなバスケを通して、アメリカ人と交流できる
  • 留学先は、治安の良い閑静な街。大学には日本人留学生担当のいる安心の受入先。また友達のよりでき安い、寮生活

体験者の声 安藤明子さん(静岡県) バスケットボール

高校⇒専門学校卒業のあと、トレーナー留学を目指すも、もう一度プレイをしてみたい、ということでバスケ留学プログラムに挑戦。活躍し、他大から奨学金のオファーも受ける。

1.シーズン当初

「まだまったく喋れないに等しい状況ですが、バスケ部の仲間とも少しずつコミュニケーションをとれてきたように思います。(中略)いろいろと刺激を受ける部分はたくさんありますが、今はとにかくバスケットの時間が一番幸せです。英語で喋ることができなくても、プレイでコミュニケーションをとれますからね(笑)それでもやはり、今の目標は日常会話を普通にできるようになることです。頑張ります」

2.シーズン後

「何もわからない日本人を試合に使ってくれて、毎試合プレイタイムを与えてもらい、最後のシュートも任せてもらえるようになったことには本当に感謝しています。後悔するところばかりですが、この悔しさを来シーズンにぶつけられればと考えています。来シーズンは自分のことだけでなく、チームの一員としてどうやって勝っていくかまで考えられるようになりたいと思っています。自分の役割もハッキリし始めましたし、当たりの強さ、テンポの速さに戸惑うことはもうないです。試合経験をたくさん積ませてもらえたおかげで、だいぶ慣れてきましたし、コーチとの信頼関係も築けたと思います。」

安藤さんが紹介された新聞の記事訳

安藤さん記事「ジム(体育館)に入ると女子がウォーミングアップをしていた。彼女たちの声やバスケシューズが鳴る音が体育館に響く。我々は取材がしたかったのはその中の一人。21歳のガード、安藤明子さんだ。日本の静岡県からきて、大学では 英語の勉強をしている。我々が彼女と話すときもコーチのシャロン・ラスミラーが付き添い会話の理解を助けてくれた。ことばの壁にもかかわらず、明子はとてもフレンドリーに、気持ちよく我々の質問に答えてくれた。コート上でのコミュニケーションについて訪ねたとき、サニー・クリスチャンセンという少し日本語を話せるチームメイトが助けてくれたりして、お互い、問題なく行っているとコーチは語ってくれた。日本とタコマを比べたら、いろんなことが違うと明子はいう。また彼女の地元静岡と比べたらと聞くと『とても違う。ほんとに車とか電化製品のブランドが同じぐらい。バスケットボールも違う』4780マイル(約7648キロ)家から離れて過ごすことは、たやすいことではない。でもなんとか 週に何度かEメールや電話をして家族と連絡を取ってるそうだ」

男子バスケットボールについては西東社からの書籍「最強のポインタゲッターテクニック」に、当プログラムからバスケ留学した増田洋明君のバスケ留学の様子が載っています。ぜひご参照下さい。

次の選手ロースターには、部員メンバーとして安藤さんの名前が堂々と載っています
(22番、中段あたり)

Roster

Num. Name Pos. Yr. Th. High School
14 Luv Rattler Guard Fr. 5' 4" Kentlake
20 Jackie Starr Guard Fr. 5' 3" Lincoln
21 Miracle Failauga Forward So. 5' 8" Waipahu, HI
22 Akiko Ando Guard Fr. 5' 8" Japan
23 Laura Olson Guard Fr. 5' 7" Spanaway Lake
24 Sunni Christensen Guard So. 5' 6" Curtis
25 Jackie Oswald Post Fr. 6' 0" Wisner-Pilger, NE
32 Megan Gilbert Guard Fr. 5' 9" South Kitsap
34 Leah Castillo Forward Fr. 5' 7" Lincoln
40 Rachel Seeger Post So. 5' 10" Homeschool
44 Becky Laresn Post So. 5' 10" Gig Harbor

米大学バスケ長期留学挑戦プログラム

[ 通常の留学との違い ]

  • 英語ができなくても、すぐに部活に関われる
  • トライアウトで、受からなくても練習生やマネージャーなどチーム帯同のチャンスがある

アメリカの2年制大学に入学し、渡米後、選手トライアウトの後、合格すれば選手として、不合格でも練習生またはチームアシスタントとしてチーム入りの可能性があるという、英語力のない方でも、やる気があれば、バスケを続けていくことが可能。通常難しい、留学前からの部活のセッティングがなされているという画期的なプログラムです。

定員が限られております!定員に達しましたら、お申込は次年度以降になります。
あらかじめご了承下さい。

一般的な流れ

渡米。英語プログラム開始
《6ヶ月〜1年》
英語プログラムで英語勉強のみ。(サークル活動は可能)  
英語プログラムの外国人の友達はできるが、
アメリカ人の友達は作りにくい
多くの大学では英語プログラム期間は部活不可
《6ヶ月〜1年》後 トフル基準点突破 » 大学入学
この時点で初めて部活に入れる権利発生。トライアウトで競技能力が問われる。受からなければ、部活に入れない。語学クラスの期間にきちんと鍛えておかないといけない。

本プログラムの場合

渡米。英語プログラム開始
部活トライアウト * 渡米直後
受かったら選手として
そうでない場合でも練習生や補佐アシスタントマネージャーとしてチームに
プレシーズン、本格シーズンをチームの一員として経験出来る可能性あり
チーム活動が生活の中心。
アメリカ人のチームメイトが普段つるむ友達
選手、マナージャーとしての実績が認められれば、2年目も在籍。選手の場合、さらに、シーズンでの活躍により、4年制大からのスカウトの可能性もあり。部活を続けながら、トフルを取ることが、さらに次へのステップへつながる

費用 646,000円(税込)

[含まれるもの]
各種留学手続きサービス。英文書類作成代行。バスケットボール渡米後トライアウトに関する各種手配、交渉、連絡、滞在先手配、その他渡米前、留学手続きに関するサービス。渡米後サポートサービスは別途

[含まれないもの]
留学にかかる費用=学費・寮代、航空券、保険代、大使館に支払うビザ申請費用、その他生活費等、渡米後サポートサービス。

お願い・確認事項(お申込の前に必ずお読み下さい)

*バスケ部入部の確約はできません。入部、練習生に関する決定は、最終的には受入先コーチ、責任者の判断となりますことをあらかじめご了承下さい。選手に関すること、チーム帯同も、本人のやる気、意思表示、態度によって決定されることは大いにありますので、積極的な態度、前向きな態度を持って臨んで下さい。

【申込方法】
  1. 下記申込フォームからお申込
  2. 着手金10万円 *または全額をお振込み
    [振込先]
    三井住友銀行 本店営業部(店番号200) 
    普通 4,610,520 口座名義:アスリートブランド株式会社
  3. 完了。入金確認次第、申込者様用資料を送付。
    アスリートブランドが渡米の準備をサポートします。
    *・・・着手金はプログラム費用に含まれます。

バスケットボール留学プログラム申込フォーム

・(*必須)の項目は必ずご記入ください。
・また半角カタカナは使用しないでください。

*必須)どちらか選択
本プログラムに申込します
本プログラム資料請求します
名前(*必須
(全角 例:留学 太郎)
ふりがな(*必須
(全角 例:りゅうがく たろう)
生年月日(*必須
郵便番号 (半角数字 例:100-0001)
都道府県
ご住所(*必須
電話番号(*必須 (半角数字)
留学希望時期(*必須 西暦: 月から
ポジション
このサイトを何で
知りましたか?(*必須
上記の詳細
(例:雑誌名、新聞名、番組名、紹介者など)
備考
メールアドレス :

申し込みをされた場合、アスリートブランドによってメールマガジン「0000140442:スポーツ選手のためのやる気の出る名言集」に代理登録されます。(メールマガジンは「まぐまぐ!」のシステムを利用して配信されます。(現在休止中。廃止再開の場合、配信されます)) 登録されたメールマガジンは以下のページから解除することができます。 http://www.mag2.com/m/0000140442.html
※なお、「まぐまぐ!」が発行している公式メールマガジンには登録されません。
また、登録情報元に弊社発行のスポーツ情報、スポーツ留学情報、販促情報の送付をさせていただきます。

   
 
以上を同意の上、  
» 個人情報のお取り扱いについて

▲ページトップへ