費用

アメリカ大学 野球留学

アスリートブランド®提携校 留学費用概算例 /1年(アカデミックイヤー)(授業料+食費/寮費等)

$1=120円計算 2014-2015年度の場合 いずれも学校側算出の正式な費用概算

特長:野球部の部費は無し。ユニフォームは学校負担。遠征費も無し。自己負担はグラブ、バット、手袋、チームによってはスパイクも学校負担。アメリカの生活費は意外に安い。アメリカの食材で暮らせば節約可能

A大(オレゴン州)

9月~6月

日本円 米ドル
A 授業料 ¥1,080,000 $9,000
B 滞在費・食費/生活費 ¥936,000 $7,800
教科書代 ¥144,000 $1,200
小計 ¥1,080,000 $9,000
合計(A+B) ¥2,160,000 $18,000

B大(ワシントン州)

9月~6月

日本円 米ドル
A 授業料 ¥1,213,920 $10,116
B 登録料 ¥48,600 $405
生活費(食費、部屋代) ¥588,000 $4,900
教科書代、雑費 ¥180,000 $1,500
保険代 *学校保険加入必須 ¥95,760 $798
小計 ¥912,360 $7,603
合計(A+B) ¥2,126,280 $17,719

C大(ニューヨーク州)

8月~5月

日本円 米ドル
A 授業料 ¥894,000 $7,450
B 生活費(食費、部屋代) ¥1,080,000 $9,000
教科書代 ¥144,000 $1,200
雑費 ¥218,400 $1,820
保険代 ¥76,800 $640
小計 ¥1,519,200 $12,660
合計(A+B) ¥2,413,200 $20,110

高校野球部向け説明会開催

アメリカの大学に行き、英語力に関わらず、野球部に入り、野球を続けながら、
英語力を向上させ、大学卒業単位を取得していくことです。

お問い合わせ・お申込

個人向け相談会(@弊社)/ 資料請求もこちらから

アスリートブランド®が 選ばれる理由

高校卒業後の選択肢の一つとして、アメリカの大学で英語を勉強しながら野球を続ける。
高校球児の新しい選択肢

1

本物のアメリカ野球留学

プロに行かない高卒シリアスプレイヤーのほぼ全てがプレイするのがアメリカ大学野球。渡米1年目からそのアメリカ大学野球界できっちり野球を続け、大学に通い、英語グローバル力を身に付ける

Read More
2

圧倒的な留学実績

NCAA奨学金獲得生、プロ選手、ノーベル賞教員の名門大学へ進学, etc 元高校球児が野球を通して世界に羽ばたき、野球、野球外で活躍しています。

Read More
3

安心の合格保証

高校硬式野球経験者のアメリカ大学野球部セレクション(アメリカ野球留学)参加者には提携先アメリカ大学野球部への合格を保証します。

Read More